安室奈美恵の歌詞に最も出てくる単語は何か調べてみる

引退された安室奈美恵さんですが、依然として高い人気を誇っているようです。

そんな安室奈美恵さんですが、「HERO」や「HOPE」、「Love Story」「CAN YOU CELEBRATE?」といった多くの有名曲があります。

10年以上たった今でも好まれているような楽曲を多く持つ安室奈美恵さんですが、

今回歌詞をそれぞれ抽出し形態素解析をかけて単語ごとの出現数を集計します。

ちなみに前回はゲスの極み乙女。でも同じことを集計しているので暇があれば見てみてください。

安室奈美恵の歌詞にはどんな言葉が多く使われているのか集計する

はじめに

前提としてですが・・・。

安室奈美恵さんの曲の歌詞で安室奈美恵さんが書いているものはほぼありません。

作詞家の人がいて、その人の歌詞のことが多いです。小室哲哉さんなどがそうですね。

なので集計した結果でも複数の作詞家のものを集計していることになるので、歌詞の内容に一貫性がないと思われます。

それでも集計してみたものということで、よろしくおねがいします。

集計結果

さっそく結果です。

の(195)
唄(160)
あなた(159)
誰(158)
人(138)
私(131)
何(127)
よう(109)
愛(106)
君(103)
こと(91)
さ(88)
どこ(87)
今(85)
夢(82)
手(80)
時(80)
心(78)
そう(68)
二(67)
日(62)
世界(61)
まま(60)
明日(59)
もの(56)
涙(56)
胸(54)
ため(54)
中(52)
いつ(52)
未来(51)
一(49)
これ(46)
度(46)
風(45)
夜(45)
ここ(43)
目(43)
それ(43)
言葉(42)
全て(42)
事(41)
気(39)
小室(38)
哲哉(38)
みたい(38)
気持ち(37)
たち(37)
今日(36)
自分(35)
笑顔(34)
前(34)
道(34)
ん(34)
いま(33)
空(31)
ふたり(31)
光(30)
声(30)
想い(29)
すべて(28)
一緒(28)
秘密(28)
場所(27)
アーティスト(26)
顔(26)
きり(25)
そば(25)
瞬間(25)
朝(24)
はず(24)
いつか(23)
瞳(23)
記憶(23)
今夜(23)
とき(23)
恋(23)
永遠(22)
悲しみ(22)
みんな(22)
時間(21)
貴方(21)
意味(21)
好き(20)
運命(20)
お願い(19)
海(19)
昨日(19)
気分(19)
月(18)
体(18)
キミ(18)
日々(17)
夏(17)
嘘(16)
星(16)

ちなみにグラフにすると以下のようになりました。

手法

Pythonでjanomeを使った形態素解析をおこないました。

歌詞のデータについてはLyrics Masterを使ってダウンロードしました。

今回その2つのやり方については説明しないことにします。

どちらも前回書いた記事「ゲスの極み乙女。の歌詞に出てくる単語を調査してみる」で詳細について触れているので、興味があるかたはこちらを御覧ください。

考察

ここからは結果を受けての考察をしていこうと思います。

分析した調査の対象となる曲

調査対象としたのは201曲です。Lyrics Masterで「安室奈美恵」と検索して、うたまっぷで抽出された曲を対象としています。

安室奈美恵名義で活動しているもののみが対象となるため、別名義やコラボなどで歌われている曲については対象外となります。

歌詞でどういう単語の使われ方がしているか

まず上位のキーワードを見ていくと歌詞の主語になる言葉がランクインしています。

具体的には「あなた」「誰」「私」「君」という単語です。

安室奈美恵さんは「あなた」に対して語りかけるような曲を多く歌っているようですね。

(ちなみにこれはアーティストによって結構違っていて面白いです。椎名林檎さんは「あたし」が最もよく使われ、宇多田ヒカルさんは「わたし」になっています。自分のことを表現するために歌っていると思われます)

安室奈美恵さんの楽曲は提供されているものがほとんどのため、商業的な歌詞が多くなるように感じています。

そのため、自分のことではなく聞いている人の目線の歌詞が多くなっているのかもしれません。

次に主語以外の名詞について見ていきます。

「愛」「今」「手」「時」「心」「世界」「明日」「涙」「胸」

などがランクインしました。200曲中半分の100曲は愛について歌われているもののようです。なんとなく安室奈美恵さんらしい単語が出揃ったのではないでしょうか。

僕個人としては恥ずかしくなるくらい眩しい単語達です。

体の部位としては手という言葉がよく出てきます。

手をつなぐ、とか手を取り合ってとかで使われることが多いのでしょう。

使われ方は色々あると思いますが、「明日に希望を持って、協力して強く生きていこう」というメッセージが詰まった曲を歌い上げるのが安室奈美恵さんの魅力の1つなのかもしれません。

最後に

今回安室奈美恵さんの歌詞を分析しましたが、実は椎名林檎さんや宇多田ヒカルさんといったアーティストの方の歌詞も分析を進めていました。

進めるうちに、特定のアーティストだけではなく、複数のアーティストの歌詞を見比べてみたほうがコンテンツとしては面白いかなと思い始めましたのでそういった記事を1本書いてみようと思います。

以上です。

ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告