keyballのおすすめポイントと100均でのテンティング挑戦記

レビュー

自作キーボードとして人気が高いkeyballですが、組み立ててからまず行っておきたいことに「テンティング」があります。

自作キーボードのテンティングとは、分離型キーボードにおいて、底面にスタンドを取り付けて角度をつけることでタイピングをしやすくする方法のことを指します。テンティングにはカメラスタンドや、PCのスタンドを代用するのが一般的な方法と言えますが、個々人が工夫を凝らしてさまざまなものを使ってテンティングを実現しています。

テンティングするだけで1万円!?

keyballのテンティングといえば「理想の書斎づくり」で取り上げられたManfrottoのミニ三脚MP3-BKがテンティングさせるためのものが採用されがちだと思います。

私も最初見た時「これはいい!」と思い同じものを買おうとしたのですがAmazonで調べてみると1個4千円近くして結構割高なんだなと思いました。(1個2千円くらいだと思った)

created by Rinker
マンフロット(Manfrotto)
¥3,519(2024/07/23 02:58:56時点 Amazon調べ-詳細)

お金がある人はこれを買えば安牌だとは思いますが、keyball自体完成させるまでに少なくとも5万円はかかる代物ですので、懐は寂しくなっている最中でしたので、なんとかテンティングを格安でおこなう方法はないものか色々試行錯誤してみました。

mac用のスタンドを使えば1,500円でテンティング可能

結論を先に述べておくと、macbook用の貼り付け方スタンドが個人的に使いやすく、かつ安くテンティングをさせることができました。

どのように貼ってあるかは以下の画像を見てもらった方が早いと思います。ちなみにかかった費用は総額1500円です。

MP3-BKよりも6500円も安くテンティングさせることができました。

見てもらうとわかるように、keyball片方につき、二つスタンドを貼り付けています。

角度や位置などは自分の使いやすい場所を見つけて貼り付ければOKです。私の場合は少し手前にkeyballが傾いている方がタイピングしやすかったのでその辺を微調整しました。

貼り付けには両面テープを使用しています。スタンドについていたものをそのまま使っていますが、何回か剥がしたりしてもOKなものだったので、使って剥がして調整、使って剥がして調整を3回ほど繰り返しました。

粘着力は剥がした後もかなり強力なままなので、使っている途中に剥がれてしまうことはなさそうです。

実際に使っている商品リンクを貼っておきますのでMP3-BKは高くてちょっと・・・と思っている人は一度購入してみてはいかがでしょうか。

これ以外にも貼り付け方のpcスタンドはたくさん売り出されています。理想の好きな高さに合わせられるような商品が見つかることを願っています。

今になって思いましたが、これの方が高さ調整機能がついていて良かったかも・・・。また買い換えるかもしれません。

レビュー

Posted by sensiki