【python】opencv-pythonがインストールできない時の備忘録

広告

pythonで画像処理をしたいと思ったらまず出てくるのが「opencv-python」です。

私の場合、画像に使われている色相をチェックするためにこの「opencv-python」を使ってみようと思ったのですが、どうやらインストールする際クリアすべきポイントがあることに気づきました。

その情報があまりわかりやすい状態で載っていなかったのでここに書いておきます。

よろしくお願いいたします。

【python】opencv-pythonがインストールができない時の備忘録

opencv-pythonインストールまでの手順

まず簡単に他サイトなどでよく見るインストールの手順を書いておきます。

pipでインストール

pip install opencv-python

pipを使ってインストールします。
opencv-pythonは、最近までpipに対応していなかった(?)そうですが、今は対応しています。

私も最初この方法でインストールしました。

しかし私の場合は、これが落とし穴だったのですが・・・。

whlファイルをダウンロードしてインストール

外部サイトからwhlファイルをダウンロードしてインストール方法です。

ダウンロードはこちらから。(非公式?)

バージョンごとにファイルが並んでいるので、ファイルを選んでダウンロードします。

ダウンロードしたwhlファイルが保存してあるところまで、コマンドラインで移動して

pip install ~~~.whlと実行します。

環境

  • windows10(64bit)
  • python 3.6

つまづいたポイント

  • pip は成功するが、その後import cv2ができない

pip でインストールした後早速試そうとするとimiport cv2の部分でエラー

エラー文がどういったものかを撮っておくのを忘れてしまったのですが、別のPCでも同様のことがおきたので、他の人でも発生すると思います。

原因

  • インストールされたopencv-pythonとpythonのバージョンが違う

結論から書くと[pip install opencv-python]でインストールされたopencv-pythonのバージョンが違いました。

おそらくですが、最新のpythonをお使いの方はpipで問題ありません。

ですが、バージョンの小数点以下以下1位が違ったらおそらく同様の症状がでると思います。

 

解決方法

こちらからwhlファイルをダウンロードしてインストールします。

すでにpipでopencv-pythonを入れてしまっている場合は、

pip uninstall opencv-pythonでアンイストールしてからおこないましょう。

ポイントはバージョンをあわせることです。

私の場合、Python 3.6.5を使用していました。

なので「opencv_python‑3.4.3‑cp36‑cp36m‑win_amd64.whl」を選らんでダウンロード

インストールしたところ問題なくopencvを使用することができました。

「-cp36-」の部分がpythonのバージョンを表していると思われます。

もし同じ症状がおきている人は一度試してみてください。

 

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。