URL削除ツールの機能が新しいサーチコンソールに統一されてリニューアルされる【SEO】

SEOの話題です。

URL削除ツールが一新されたようです。

すでに移行が始まっており、旧URL削除ツールは2020年2月27日を持って使えなくなります。

その代わりに、新サーチコンソールに機能を全て移行しているようです。

なので、URL削除ツールが使えなくなるわけではありません。

URL削除ツールとは、Googleにインデックス(検索結果に出る)されているページがあった場合、それを削除することができるツールです。

誤ってインデックスさせてしまったページや、流入して欲しくないページを削除することができます。

URL削除ツールは使えなくなり、新サーチコンソールに機能を譲渡

旧URL削除ツール画面

今現在、URL削除ツールページを開くと、警告文が画面上部に出ています。

Important: This report won't be available after 2020/02/27. Please use the new Removals report instead.

「重要:このレポートは、2020/02/27以降は利用できません。代わりに新しい削除レポートを使用してください。」

https://www.google.com/webmasters/tools/url-removal

2020年2月27日が、旧URL削除ツールを使える最終日のようです。

しかし、すでに新サーチコンソールの左カラムに「削除」という項目ができていました。

新しいURL削除ツール

新しい「URL削除ツール」の使い方

サーチコンソールの左カラムの削除をクリックすると、「新しいリクエスト」というボタンが押せるようになります。

「新しいリクエスト」をクリックすると小窓が出てきます。

「URLを一時的に削除する」「キャッシュされたURLを消去する」の2つの機能が使えるようです。

「URLを一時的に削除する」の機能は以下の通りです。

Google 検索の結果から URL を約 6 か月間ブロックし、現在のスニペットとキャッシュされたバージョン(次回のクロールの後に再生成されます)だけを消去します。完全に削除する場合は、ページのインデックス登録をブロックするか、サイトからページを削除してください。詳細

6ヶ月間、Googleの検索結果からページが削除されます。

なので何も対策をしていないと、また6ヶ月後にページは検索結果に戻ってくるでしょう。

永続的にGoogleの検索結果から消すためには、noindexタグをいれる、またはx-robotsタグでnoindexを指定しましょう。

「キャッシュされたURLを消去する」の機能は以下の通りです。

Google 検索の結果に URL を残します。次回のクロールまで現在のスニペットとキャッシュされたバージョンだけを消去します。

これは検索結果からページは消えませんが、キャッシュが削除されます。

Googleはページをキャッシュしており、ページを更新した場合、コンテンツに差分が発生する場合があります。

ほとんどの場合は大丈夫ですが、致命的なコンテンツ差分だった場合、キャッシュを先行して消してもらう必要があるので、そのための機能です。ただし、ほとんど使うことはないでしょう。

URLを指定して、次に進むと、最後の確認画面が出てきます。

ここで「リクエストを送信」を押すと作業完了です。

ディレクトリ単位など、一括でページを消したい場合は、「このプレフィックスで始まるURLをすべて削除」を選ぶと、手間が省けると思います。

ただし、操作を間違えると大惨事になってしまうので、注意が必要です。

URL削除ツールで、間違えてページを削除してしまった場合の対処方法

新しいURL削除ツールでページを消してしまった場合でも、リクエストをキャンセルすることが可能です。

送信したリクエストのステータスの右隣(なぜか隠れていて見えないが)にメニューが隠れており、それを押すと、「リクエストをキャンセル」が選べるようになっています。

もし間違えてURLを送信してしまっても、落ち着いて、対処しましょう。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告

SEO対策

Posted by sensiki