Amazon Workspaceをマルチディスプレイで表示させる方法を紹介

在宅ワークが進む中、Amazon Workspaceを使って仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

今回は地味にどうやってマルチディスプレイに、Amazon Workspaceを対応させるのか少しだけ迷ったので記事に残しておこうと思います。

[表示]→[すべてのディスプレイで全画面表示にする]でマルチディスプレイ化

Amazon Workspaceを立ち上げ、画面上部にある「表示」→「すべてのディスプレイで全画面表示にする」を押すと全画面表示にすることができます。

この時点で、モニターが複数接続されていた場合はすべてのモニターにWorkspaceの画面が表示されることになります。

3画面つないでいる場合、2画面だけworkspaceにして、残りの1画面をローカルのPC画面にするという細かい設定はできなさそうです。

私はミニディスプレイを一つ買って、それを縦おきにしてWorkspaceを使っています。

エクセルやスプレッドシート、slackそれからchatworkなど縦画面で閲覧できた方が仕事が捗りますね。

最後に

以上になります。

とても短く、ちょっと考えればすぐできそうなものでしたが、Googleで検索したとき、どこにも情報がなかったのでここに記事として残しておこうと思います。

会社でマルチディスプレイをしようと思ってもモニターを買ってもらうために凛儀をかけないといけませんし、めんどくさいですよね。

でも自宅であれば2画面、3画面と増やすことが簡単にできます。

モニターも1万円代から買うことができるので、経済的にもそれほど負担にならないのではないでしょうか。

マルチディスプレイにすると業務効率も格段に上がりますしね。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

雑記

Posted by sensiki