【MILABO】最後の暗号を解読した結果と考察【ずとまよ】

音楽

2020年7月13日にずとまよの新曲「MILABO」のPVが公開されました。

PVをみていて、文字らしきものが現れていたのですが、案の定英語を少しもじった象形文字のようでした。

暗号というもののほどではなく、時間があればだれでも解読できるでしょう。

ということで、ずっと真夜中でいいのにの「MILABO」のラストカットにでてくる、暗号を解読したので置いておきます。

幾度目かの M■■

思い思いに口ずさむ

言葉の一つずつを確かめるほどの

余裕はまだないが

ただ皮膚に触れる朗らかな居心地

だけは

今だけは不服ではなく

喜びを受けていた

光あれ

神が望むより早く

私たちの願いを

聞き届けて

ちょっと考察

MILABOのPVについて少し考察。

ハリネズミ(うにぐり君)は実は悪者で、過去のPVにでていたヒロインは全員うにぐり君に殺されている。

ただしうにぐり君にその自覚はなく、いつかMILABOのヒロイン(ニラちゃん)も殺すことになることを予感する。

そのことをアフロに相談し、自分が暴走したときに止めてもらう約束をする。

暴走を始めたうにぐり君はニラちゃんを殺しにかかる。

過去のヒロインの写真を見せるなどしてニラちゃんは抵抗をするが、効果はない。

絶体絶命のときにアフロが現れ、巻物をつかいうにぐり君の悪の部分を封印。

ニラちゃんとうにぐり君は助かるが、アフロは消滅。

そして最後に巻物のアップで終わり。

問題なのはこの最後の暗号をだれが書いたのかということでしょう。

見てわかるように、「光あれ」以降の部分が少し斜めになっています。

このことから、光あれ以降の文章は加筆の可能性が高いです。

そのことを踏まえると、前半はアフロ、後半はニラちゃんが書いたということになるでしょうか。

またはずっと真夜中でいいのにのボーカルACAねさんの気持ちでしょうか。

2020.08.05にmini ALBUM『朗らかな皮膚とて不服』がでます。

「朗らかな皮膚」という部分が暗号にもでてきますね。

しかし、暗号では「朗らかな皮膚は不服ではない」と言っているのに対して、アルバム名では「不服である」という逆の意味になっています。

現時点では何を意味するのかわかりませんが、非常にミステリアスで面白い仕掛けだと思いました。

以上です。

広告

音楽

Posted by sensiki