『ずっと真夜中でいいのに』(ずとまよ)が使用していた映写機のような楽器について調べてみた

2019年7月27日。フジロックフェスティバル2019の2日目に登場した、ずっと真夜中でいいのに。

私は自宅でYouTubeを通し、ライブに参加しました。

そこで使用されていた楽器。

映写機のようなもので、電子楽器のようでした。

この楽器の正体はなんなのか?調べてみました。

まるで映写機な楽器の正体

結論から述べると、オリジナルで作られた楽器です。

ずっと真夜中でいいのに。のボーカルACAねのTwitterでつぶやいていました。

Open Reel Ensembleというバンドが、オープンリール式のテープレコーダーを改造して作られた楽器のようで、彷徨い酔い温度という曲で参加していました。

Open Reel Ensemble(オープンリールアンサンブル)とは

2009年に結成されたバンド。メンバーは3人。

Wikipediaではメンバーが5人となっていますが、公式サイトには3人の名前が記されていました。

これまでにシングル1枚、アルバムを3枚リリース。オープンリール式テープレコーダーの楽器についての書籍もだしているようです。

Open Reel Ensembleの公式サイト

まだまだ知られていないバンドのようで、ACAねと比べるとTwitterのいいねの数も、少ないですね。

次世代の楽器のようで、とてもこれからが楽しみなバンドだなと思います。

皆さんも興味がありましたら、是非Twitterのフォローや楽曲の購入をしてみてください。

以上です。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告