LuxeritasにAdsenseの「AMP自動広告」を設置してみた

2019年1月12日副業, WordPress, Google Adsense

皆さんはAMPを使っているでしょうか。

AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略でgoogleが推奨しているページの表示速度を上げるための手法です。よくわからない人は、難しいことは考えずに、スマホでの表示速度が早くなる技術、くらいに思っておけばOKだと思います。

ページの表示速度ってそんなに重要なの?と思う方もいるかもしれませんが、侮ってはいけません。表示される速度が早いと、ページを読まれる率(読了率)も高まるし、次のページを見てもらえる確率も高まります。表示速度が早いというのはそれだけでメリットなんですね。

ルクセリタスにAMP自動広告を設定する

ルクセリタスは非常に優秀なテーマですが、いかんせん情報が不足しているので備忘録もかねてエントリしておきます。

まずグーグルアドセンスにアクセスします。アドセンスの管理画面に入ったら その後、[広告]>[自動広告]>[AMP自動広告]と選択します。

グーグルアドセンスのAMP自動広告

AMPの自動広告をクリックすると、以下のようにスクリプトが出てきます。おそらくここまでわかっているという方も多いのではないでしょうか。問題はこのスクリプトをどこに設定するかということです

アドセンスの画面はひとまず置いておいて、別タブでwordpressの管理画面にいきます。そして、サイドバーから[Luxeritas]>[子テーマの編集]と遷移してください。

luxeritas子テーマの編集

結論から書くと[子テーマの編集]で[アクセス解析(head)]に手順2のスクリプトを、[AMP HTML(body)]へ手順3のスクリプトを挿入します。それだけでAMPページに自動で広告が挿入されるようになりました。

AMP用スクリプトの挿入
AMPスクリプトの挿入(body)

作業としてはとても簡単です。注意点があるとすれば、phpコードの外にスクリプトを挿入してください。私は何を思ったか<?php ?>の間にスクリプトを埋め込んでいたのでサーチコンソールでgoogleからお叱りをもらいました。

最後に

スクリプトを埋め込んだ後、数十分すると広告が自動で挿入されるということでした。

私の場合、10分前後経った後サイトを見てみると広告が自動で挿入されていました。

確かに入っていますね。自動広告の場合、どんな広告が表示されるかは選べません。それから表示される場所も選ぶことはできません。自動広告は出始めたころ、h1タグの上やヘッダー上などに表示されるなど、お世辞にもいい場所に貼られるというわけではなかったようですが、AMPの場合、ページ自体がかなり最適化されているので、自動広告と親和性は高いと言えるでしょう。

これで収益性がどれだけ変わるかわかりませんが、かなりの多い数の広告が差し込まれている印象です。

読みにくくなってしまわないか心配になるレベルで挿入されていますが、まぁグーグル先生がやっていることなので、何かしらの理由があるのだと思います。しばらくはこれで様子見といったところでしょう。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告