猫のおやつとして定番のCIAOちゅーるは塩分濃度が高くて猫に食べさせると腎不全になるって本当?ちゅーるの塩分濃度と原材料を調べてみました

猫の成長日記

猫ちゃんはこのちゅーるが大好きです♡価格:¥700〜(2021年9月現在)


こんにちは。

今日もうちの朝と夜は元気に家の中を走り回っています。

ちゅーるにもいろいろな種類があります

ところで、皆さんのおうちの猫ちゃんにはおやつを与えていますでしょうか?

ちょっとだけ向かって右側の目がくすんでいるのがわかりますか?

代表的なおやつとして有名なのが、いなばフーズさんのCIAOちゅーるですよね。現在、夜の左目を治療中なのですが、目薬を差すときに治療を頑張っているご褒美として、ちゅーるを与えています。

和恵アイコン

ちゅーるにもまぐろ味などいろんな種類があるようで、1歳未満の子猫用ちゅーるがありました。

噂では聞いていましたが、こんなにも猫ちゃんの食いつきがいいとは思いませんでした。少し与えたら、もう病みつきになるみたいで、ちゅーるという言葉を聞いただけで私を追いかけてくるようになりました。

ちゅーるは塩分濃度が高いのか?

ここで気になったのは、ちゅーるの塩分です。人間でもそうですが、塩分を多く摂取すると病気になってしまうのでは?と考えたからです。

1歳未満用のチャオチュールの塩分を確認してみます。

タンパク質が多いですね。塩分の記載はありませんでした。

調べてみると、子猫のうちはタンパク質を多く摂取したほうがいいそうで、当たり前ですが子猫に合わせてちゃんと作っていることがわかります。

和恵アイコン

ちゅーるには塩分が入っていないのですが、気になる検索キーワードを発見しました。

検索キーワードで「ちゅーる 猫 塩分」というワードが上がってきました。みなさん、パッケージの成分表に記載がないのに、まだちゅーるの塩分が気になるようですね。

一部サイトでは、ちゅーるの塩分濃度が高いから猫が腎不全になったと記載されているものがあるようですが、本当にちゅーるが原因で腎不全になったのかは不明です。

なせなら、CIAOちゅーるの販売元であるいなばペットフードさんの公式サイトにしっかりとこう書かれているからです。

裏面の原材料を見ていただくと、お分かりのとおり、食塩は配合されておりません。ちゅ~るをはじめ弊社製品は、原料由来のみの塩分しか入っておりません。

https://www.ciao-churu.fun/faq/
和恵アイコン

原料由来の塩分のみとありますが、調べてみると大体1本あたり0.4〜0.6%のようです。

ちゅーる1本あたりの塩分は他の餌に比べると少ないようですので、ちゅーる自体は危険な食べ物ではないように私は思いました。

また、調べてみると猫ちゃんの多くは腎臓が悪くなるようで、平均3歳から4歳で腎臓の数値が悪化していき、 10歳から腎不全になることが多いそうです。

ちゅーるをあげる場合は、その分キャットフードの量を少し減らしてみたり、塩分が少ないキャットフードを与えてあげるといいかもしれませんね。

これで、猫ちゃんに安心してちゅーるをあげられます。

1日に摂取しても良い塩分量を計算してみた

調べてみると、猫ちゃんが1日に摂取しても良いナトリウム(塩分)摂取量があるようです。

私が調べたサイトによると、1日に摂取をしても良い塩分摂取量は猫ちゃんの種類や体格にもよるみたいなのですが、大体2g〜3g程度のようでした。

和恵アイコン

では、CIAOチュールには何gの塩分が入っているのかな?

先ほど説明をしましたが、CIAOちゅーるの1本あたりの塩分濃度は0.4〜0.6%なので、この濃度から塩分量を計算する必要があります。

塩分濃度を食材のg数から簡単に計算するサイトがありましたので、そちらで計算をしてみます。

1歳未満用のチャオチュールは1本あたり14gです。そして、先ほど説明をしたように塩分濃度は最大で0.6%でした。

これをサイトに入力すると、1歳未満用のチャオチュールの塩分量は最大で0.084gでした。

https://keisan.casio.jp/exec/user/1405854827

意外にも塩分量が少ない印象ですが、他にも塩分(ナトリウム)は総合栄養食であるキャットフードにも、もちろん含まれています。そちらの塩分量も計算して合計で塩分がどのくらいあるのか確認してみると良いかもしれません。

ちゅーるに含まれる添加物について

一部のサイトでちゅーるに含まれる添加物について、注意が必要であることを記載してるサイトがありましたので、ちゅーるに含まれる添加物について調べてみました。

添加物名説明
タウリン「ファイトー!」「いっぱーつ!」でお馴染みの栄養ドリンクに含まれていることで有名な栄養成分。アミノ酸の一種である。心臓の収縮性の維持に必要。不整脈や心筋梗塞のリスクを抑制。
ミネラル類骨などの体の構成成分。カルシウムやリン、ナトリウムといった主要ミネラル7種と鉄や亜鉛といった微量ミネラル8種があり、それぞれに異なった働きをしている。
増粘安定剤ぞうねんあんていざい。食品に粘りをつけるための添加物。
アミノ酸タンパク質の元になる栄養成分。アミノ酸が鎖状に繋がってタンパク質ができる。猫にとっては重要なエネルギー源。約20種類のアミノ酸がある。
ビタミン類体内の物質代謝を円滑にするために必要な成分の総称。
紅麹色素カビの一種で麹菌(こうじきん)の仲間。着色に使われている。
緑茶エキス糞・尿臭を和らげるために使われている。

どれも、人間が食べている加工品にも含まれている添加物ですが、猫ちゃんにとっても安全かと言われたらそうとは限りません。

ですが、現在では「人間が食べても害がないから大丈夫」という理由で猫ちゃんの食品にも含んで販売しているそうです。

だからといって、猫ちゃんにも害がないのかと私は疑問に思いましたが、今のところたくさんの猫ちゃんがちゅーるを食べている中、害である報告はないようなので一度に与える量を間違えないようにすれば、とりあえずは良いのではないか?という結論に至りました。

子猫にちゅーるをあげるときの注意点について

最後に、子猫にちゅーるをあげるときの注意点についてですが、調べてみると生後6ヶ月からとありました。

子猫はまだ体が未発達らしく、栄養バランスに偏りが出てしまうおやつは大人に近づいてから与えたほうが良いそうです。(参考サイト:https://tamagawa-vet.jp/kitten-churu#i-2

朝と夜は保護猫さんなので、推定ですがまだ4ヶ月です(2021年5月生まれ)が、1本を一度にあげてはおらず、指にちょこんと1センチくらい出してペロペロ舐めさせてあげていますし、毎日ではなく長時間のお留守番をしてくれた時にご褒美であげていますので、あまり栄養の偏りはないと思います。

それに、まだおやつには早い年齢だから今さらお預けというのはちょっと厳しいです。

和恵アイコン

子猫が1日に必要とする栄養素を超えない且つ塩分濃度が低いおやつを探してみようと思いました。

調べるとこんな商品がありました。

レティシアンという会社さんが出しているモグリッチという商品です。

レティシアンの公式サイト

とっても高級感あふれるパッケージですね。

注目すべきは、塩分が控えめと記載されている通り、塩分濃度が0.08%だというところです。

先ほど記載した通り、ちゅーるの塩分濃度は0.4〜0.6%ですのでモグリッチの塩分濃度の低さがわかります。

早速注文をしてみました。まだ、朝と夜にはご褒美でおやつをあげる機会がなく、まだあげていないのでまた後日、レビューを投稿したいと思います。

気になる方はぜひ、こちらの公式サイトへアクセスしてみてください。



塩分控えめな猫用おやつ

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

また遊びにきてね。待ってるよ〜

広告

猫の成長日記

Posted by sensiki