【初心者向け】第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)おすすめプログラミングスクール12選!最大70%受講料が安くなる

トレンド,技術,プログラミング

第4次産業革命スキル習得講座おすすめプログラミングスクール一覧

「何か新しいスキルを身につけたいのでプログラミングスクールを利用してみたい」

「プログラミングスクールに通いたいけど授業料が高すぎる」といった悩みはないでしょうか。

そんな人におすすめなのが「第4次産業革命スキル習得講座(Reスキル)」です。

第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)に認定されたプログラミングスクールの講座では、機械学習やデータサイエンスといったプログラミングスキルを助成金を受けながら自己負担額を少なくし受講料の最大70%OFFで学ぶことができます。

令和3年から「第四次産業革命スキル習得講座」に認定された講座は、専門実践教育訓練として厚生労働大臣の指定を受けた講座等でなくても、人材開発支援助成金の特定訓練コース(労働生産性向上訓練)の対象となりました。

この記事では数ある第4次産業革命スキル習得講座(Reスキル)の中からおすすめのプログラミングスクールを紹介していきます。

目次

第四次産業革命スキル習得講座(リスキル講座)とは?

「第四次産業革命スキル習得講座(リスキル講座)」は、IT・データを中心とした将来的な成長が見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な経済産業大臣が認定する教育訓練講座制度です。

参考:第四次産業革命スキル習得講座認定制度(METI/経済産業省)

成長が期待される分野なだけに、リスキル講座を受講して就職、転職して年収アップを期待する人が多くいて、今からプログラミングを始めようと思っている人にはおすすめな講座になっています。

教育給付金制度とは?

教育訓練給付制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。

引用:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp)

給付金を最大70%もらうための方法は?

第四次産業革命スキル習得講座の給付金は最初から満額70%もらえるわけではありません。

講座を完遂することでまず最大50%の給付金を申請することができます。

残りの20%は、講座を受講終了後、1年以内に就職できた場合に申請することができます。

詳しくは最寄りのハローワークで説明を受けることをおすすめします。

引用:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp)
  • 教育訓練経費の50%(最大40万円)
  • 受講修了後。1年以内に雇用保険被保険者として雇用された場合は、訓練経費の70%から支給済の差額分を差し引いた金額(最大16万円)

インターネットアカデミーから引用:https://www.internetacademy.jp/course/reskill.pdf

認定対象となる分野

  • AI、IoT、データサイエンス、クラウド(デザイン思考、アジャイル開発等の新たな開発手法との組み合わせを含む)
  • 高度なセキュリティやネットワーク
  • IoT活用(自動車モデルベース開発、自動運転、生産システムデジタル設計)

E資格とは?

ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識を有しているかを認定してもらえる資格で、一般社団法人日本ディープラーニング協会がおこなっています。

E資格のEは「エンジニアのE」となっています。

参考:E資格とは - 一般社団法人日本ディープラーニング協会【公式】

JDLA認定プログラムとは?

JDLA認定プログラムとは、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材を育成する講座として、一般社団法人日本ディープラーニング協会が認めたプログラミングスクールの講座です。

認定プログラムの受講を修了すると、E資格の受験が可能になります。

第四次産業革命スキル習得講座として認められているプログラミングスクールなら給付金支給の対象になっているので、講座の受講料を返金してもらえてさらにE資格も取得できるというおすすめの講座になります。

E資格取得ができるjdla認定プログラムおすすめ講座5選!

AIやディープラーニングを扱えることが証明できるE資格ですが、受験するためにはjdlaが認定する特定のプログラミングスクールに通う必要があります。

jdlaの認定するプログラミングスクールは15個ほどありますが、その中からおすすめのプログラミングスクールを5つご紹介いたします。

これらのプログラミングスクールについては以下の記事で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

第四次産業革命スキル習得講座で学べる初心者向けおすすめプログラミングスクール12選

第4次産業革命スキル習得講座の初心者におすすめのスクールは「テックアカデミー」、「テックキャンプ」、「Aidemy Premiumu」の4校です。各コース・講座の受講料金や期間、スクールの特徴比較がおすすめです。

データサイエンスを集中的に学びたい人におすすめのスクールは「キカガク」、「データサイエンス研究所」、「データサイエンスアカデミー」です。

E資格の合格を目指したいという人にはTechAcademy」、「AIジョブカレ」、「キカガク」、「AidemyがJDLA認定プログラムになっていておすすめです。

スクール名こんな人におすすめ金額目安
株式会社キカガク
キカガク
AI・機械学習・ディープラーニングを基礎から学びたい人792,000円→237,600円(給付金あり)
アイデミー
アイデミー
8日間全額返金保証があるので、失敗したくない人向け3ヶ月プランの場合
528,000円→158,400円(給付金あり)
テックアカデミー
テックアカデミー
【初心者向け】マンツーマンで人工知能について学びたい人向け 16週間社会人コースを受講した場合
339,900円→118,965円(65%給付された場合)
テックキャンプ
テックキャンプ
【初心者向け】14日間の返金保証、転職返金保証付きで大金を払うことに抵抗がある人向け 657,800円→197,340円
株式会社データミックス
データミックス
「ビジネス経験×データサイエンス」で、DXデータ人材を目指したい人742,500円→232,500円(給付金あり)
DIVE INTO CODE(DIC)
DIVE INTO CODE
Webエンジニアへの転職を目指したいと考えている人647,800円→197,800円(補助金あり)
AIジョブカレ
AIジョブカレ
データサイエンティストと人工知能を学んで転職したい人機械学習講座 + ディープラーニング講座を受講した場合
285,780円→85,734円
データサイエンス研究所
データサイエンス研究所
統計分析についてマスターしたい人向け
定額料金制という珍しい料金体系
年額プランを利用する場合
240,000円→96,000円(60%給付された場合)
スキルアップAI株式会社
スキルアップAI
対面でのグループワークやハンズオンをやってみたい人向けE資格を目指す機械学習・ディープラーニング講座【オンライン講座】を受講した場合
330,000円→99,000円
インターネット・アカデミー
インターネットアカデミー
家電や自動車など様々なモノとインターネットをつなぐIoT(Internet of Things)を学びたい人IoTエンジニア育成コースAを受講した場合
834,680円→274,680円
データサイエンスカデミー
データサイエンスアカデミー
データサイエンティスト特化を目指す人向けExpertコースのみ給付金対象
748,000円→224,400円
DMM WEBCAMP
DMMウェブキャンプ
転職保証がついているので、絶対に転職をしたいと思っている人向け828,000円→268,000円
おすすめの第四次産業革命スキル講座

※金額は各プログラミングスクールの公式サイトから引用しています。

あくまで金額の目安としてみていただき、確定金額は無料カウンセリングや体験会の際にスクールへお問合せください。

ここからは、第4次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)で学べるプログラミングスクールを詳しく説明していきます。

説明会の有無・学習内容・コース・期間・料金費用・転職支援の有無など情報を掲載しています。

スクールを検討する際にはぜひご利用ください。

【キカガク】基礎理論からAIを学びたい方へ

株式会社キカガク
株式会社キカガク

「キカガク」はこんな人におすすめ!

  • E資格取得を目指しているが数学が苦手な方
  • 社内でAIの必要性が高まり、理解を求められている方
  • データサイエンティストやエンジニアとして転職を考えている方
  • 困ったときに講師に質問したり、相談したい方
  • 自分一人ではなく、一緒に学ぶ仲間がほしい方
  • 画像や自然言語処理をもっと深く学びたい方
  • AI搭載のWebアプリケーションを開発したい方

2017年設立以来、45000人以上の生徒にPython、AI・機械学習を教えている会社です。

YouTubeチャンネル(キカガクチャンネル)も開設しており、PythonやAI初学者、中級者の方向けにコンテンツを配信しています。

特に人工知能・AIをしっかりと学びたいという人におすすめのスクールです。

生徒が作成したアプリも公開されており、「株価予測ツール」や「twitterの呟きを分析するツール」など、本格的な作品ばかりです。

公開されている作品を見ていると、自分もこれくらいプログラミングができるようになるという確固たるイメージが持てるのはとても良いですね。

引用:株式会社キカガクHP

申込ページには受講生の声も公開されていますが、本職の人ではなく、文系やマーケターの人の声も多く、未経験者でも受けやすい環境が整っています。

【受講者インタビュー】AI 独学から長期コースへ!実際のところ、どうでした?

引用:株式会社キカガクHP
入試なし
学習期間6ヶ月間〜
給付金支給額最大554,400円お得
無料オンライン説明会あり
コース自走できるAI人材になるための6ヶ月長期コース
教材動画教材:46本
再生時間:80時間
料金税込 792,000 円
E資格受験資格あり
対象初心者からOK
転職支援DODAの転職サポートを受けられる
株式会社キカガクの講習内容

【Aidemy Premium】Pythonに特化した初心者向けプログラミングスクール

AidemuPremiumから引用

「アイデミー」はこんな人におすすめ!

  • 自分の手で効率的な仕組みを作ったり、プロダクトを作ったりするのが好きな方
  • 手に職をつけたい、今後市場価値が高くなるスキルを身に付けたい方
  • 「こんな作業、人がやらなくても…。」と思う仕事が身の回りにある方

アイデミーは未経験者向けを前面に押し出しているプログラミングスクールであり、Pythonに特化したおすすめのプログラミングスクールです。

受講後、満足度が低い場合、8日間の全額返金保証があり、自分に合わないなと思えばやり直すことが可能となっています。

講座の内容は大きく3つに分かれており、「データ分析コース」、「AI活用コース」、「E資格取得コース」から選ぶことができます。

今のキャリアに悩みがあれば、オンライン個別相談も実施しているようなので、申し込んでみることをおすすめします。

AidemuPremiumから引用
対象未経験者
学習期間3ヶ月、6ヶ月のどちらかから選択
給付金支給額最大35万円お得
返金制度受講後8日以内の申し出で全額返金あり
無料オンライン説明会あり
コース(70%給付金を受けた場合)AIアプリ開発講座 3ヶ月(最大336,000円キャッシュバック)
AIアプリ開発講座 6ヶ月(最大546,000円キャッシュバック)
データ分析講座 3ヶ月(最大336,000円キャッシュバック)
データ分析講座 6ヶ月(最大546,000円キャッシュバック)
自然言語処理講座 3ヶ月(最大336,000円キャッシュバック)
自然言語処理講座 6ヶ月(最大546,000円キャッシュバック)
授業形態教材配布+チャット相談
料金税込 528,000円(一律3ヶ月コース)
税込 858,000円(一律6ヶ月コース)
アイデミーの講習内容

【テックアカデミー】学習期間を柔軟に選べる

「テックアカデミー」はこんな人におすすめ!

  • 20代で未経験からエンジニアになりたい方
  • 地方から東京の企業に転職したい方
  • これから正社員として働きたい方
  • 一生使えるスキルを身につけたい方

テックアカデミーは第4次産業革命スキル習得講座に最も多くの講座が選ばれているプログラミングスクールです。

AIコース、データサイエンスコース、Python+AIコース、Python+データサイエンスコースのそれぞれ4週間から16週間コースが対象となっています。

短期間の講座になっており、他のプログラミングスクールよりも安価なのが特徴です。

プログラミング初心者であれば、Pythonコース+AIもしくはデータサイエンスコースの受講になります。

中級者ならAIコース、データサイエンスコースのどちらかを選べばいいでしょう。

テックアカデミーは途中解約をしようとしても返金制度がありません。

受講を決める場合は必ず無料体験を受けて選択に悔いのないようにしましょう。

講座ですが、成果物にフォーカスされていることと、目標までのマイルストーンが細かく設定されていることが評価が高いようです。

引用:テックアカデミー公式HPより口コミ
対象Pythonコース(未経験者向け)
AIコース(中級者向け)
データサイエンスコース(中級者向け)
学習期間2ヶ月〜6ヶ月(プラン参照)
給付金支給額最大43万円お得
返金制度なし
無料オンライン説明会あり
コース(70%給付の場合)AIコース 8週間プラン(最大146,300円キャッシュバック)
AIコース 12週間プラン(最大181,300円キャッシュバック)
AIコース 16週間プラン(最大216,300円キャッシュバック)
データサイエンスコース 8週間プラン(最大146,300円キャッシュバック)
データサイエンスコース 12週間プラン(最大181,300円キャッシュバック)
データサイエンスコース 16週間プラン(最大216,300円キャッシュバック)
Python+AIセット 8週間プラン(最大222,600円キャッシュバック)
Python+AIセット 12週間プラン(最大257,600円キャッシュバック)
Python+AIセット 16週間プラン(最大292,600円キャッシュバック)
Python+AIセット 24週間プラン(最大362,600円キャッシュバック)
Python+データサイエンスセット 8週間プラン(最大222,600円キャッシュバック)
Python+データサイエンスセット 12週間プラン(最大257,600円キャッシュバック)
Python+データサイエンスセット 16週間プラン(最大292,600円キャッシュバック)
Python+データサイエンスセット 24週間プラン(最大362,600円キャッシュバック)
Python+AI+データサイエンスセット 24週間プラン(最大438,900円キャッシュバック)
授業形態動画視聴+オンライン相談+チャット相談
(対面講義なし)
料金税込 229,900 円(AIコース 8週間プラン)
税込 284,900 円(AIコース 12週間プラン)
税込 339,900 円(AIコース 16週間プラン)
税込 229,900 円(データサイエンスコース 8週間プラン)
税込 284,900 円(データサイエンスコース 12週間プラン)
税込 339,900 円(データサイエンスコース 16週間プラン)
税込 349,800 円(Python+AIセット 8週間プラン)
税込 404,800 円(Python+AIセット 12週間プラン)
税込 459,800 円(Python+AIセット 16週間プラン)
税込 569,800 円(Python+AIセット 24週間プラン)
税込 349,800 円(Python+データサイエンスセット 8週間プラン)
税込 404,800 円(Python+データサイエンスセット 12週間プラン)
税込 459,800 円(Python+データサイエンスセット 16週間プラン)
税込 569,800 円(Python+データサイエンスセット 24週間プラン)
税込 689,700 円(Python+AI+データサイエンスセット 24週間プラン)
テックアカデミーの講習内容

【テックキャンプ】夜間や休日に学びたい人におすすめ

TECK CAMP

「テックキャンプ」はこんな人におすすめ!

  • 設計、開発、インフラ構築、運用まで一気通貫で学びたい方
  • フロントからサーバーまでの全レイヤーのスキルを幅広く身につけたい方
  • コードレビューなど実務とほぼ同じ環境を経験したい方
  • 一人でゼロからサービス公開まで可能になれるようなスキルを身につけたい方

TECK CAMPのおすすめポイントは「夜間・休日コース」が用意されていることです。

仕事をしながらスキルを磨きたいという向上心の高い方におすすめです。

そのため他のプログラミングスクールとは違い、およそ6ヶ月という長丁場になりますが、それだけしっかりとスキル磨きをすることができます。

技術は一朝一夕ではないので、じっくり学びたい人向けと言えるでしょう。

対象未経験者可
学習期間学習スタイルによって変動
給付金支給額最大56万円お得
返金制度14日間無条件返金保証
無料オンライン説明会無料カウンセリングあり
コース(70%給付金を受けた場合)短期集中スタイル(最大460,460円キャッシュバック)
短期集中スタイル(最大560,000円キャッシュバック)
授業形態動画学習+対面授業のハイブリッド型
料金税込 657,800円(短期集中スタイル)
税込 877,800円(夜間・休日スタイル)
転職制度学習終了後182日まで支援
TECK CAMPの講習内容

【データミックス】 データサイエンティストを目指す方へ

株式会社データミックス

「データミックス」はこんな人におすすめ!

  • エンジニアではなく、ビジネスパーソン向けのコンテンツを受講したい
  • 少人数制のクラスを希望する
  • データサイエンティストとして確かな技術を身につけたい方
  • 本当のデータサイエンティストが講師をしている授業を受けたい

データミックスは、データを作り、読み、使いこなすための知識とスキルが身につく日本屈指のビジネススクールです。

注意点としては、入学するにあたり試験があり、完全未経験者では入学できない可能性があります。

しかし講座内容をみると、非常に専門的で実務に近い講座ですのでチャレンジ精神を持って一度飛び込んでみてもリターンは大きいと考えます。

2017年2月に設立されており、プログラミングスクールとしては珍しい「気象データアナリスト養成」というコースを持っています。(給付金対象のコースです)

データミックス受講生のゴールイメージとしては、「AIや統計をビジネスに活用するリーダー」や、「本格的なデータサイエンティスト」です。

引用:データミックスHP

受講生の声では、「よりビジネス寄り」、「実務でも使える」ということが多く言われています。

引用:データミックスHP
対象一定レベル以上の「データに関する興味」「プログラミング力(Python又はR)」と「統計 又は 機械学習の知識」の試験あり
学習期間6ヶ月間
給付金支給額最大510,000円お得
返金制度あり
無料オンライン説明会説明会・個別相談会・体験授業あり
コースデータサイエンティスト育成講座
気象データアナリスト養成講座
授業形態オンライン講座形式
3時間×26コマ
計78時間(データサイエンティスト育成講座の場合)
料金税込 742,500 円
データミックスの講習内容

【DIVE INTO CODE】Webエンジニアへ就職を目指す方へ

株式会社DIVE

「DIVE INTO CODE」はこんな人におすすめ!

  • ITエンジニアを本気で目指す方
  • 実務レベルのカリキュラムを体験したい方
  • 就職サポートを希望する方

株式会社DIVEの「DIVE INTO CODE」は就職することを目的としたプログラミングスクールが第4次産業革命スキル習得講座の対象になっています。

最短で現場で通用する人材になるためのプログラムが揃っています。

受講生の作品が公式サイトに公開されているので、見てみると受講後の自分の姿がイメージしやすくなります

引用:DIVE INTO CODE 公式HP
対象本気でエンジニアになりたいが、何から取り組んでいいかがわからない人
学習期間4ヶ月
給付金支給額最大45万円お得
返金制度卒業後、一定期間内に就職ができなかった場合、全額返金あり
無料オンライン説明会オンライン個別説明会&相談会あり
コースWebエンジニアコース(フルタイム)(最大45万円キャッシュバック)
授業形態自習+ワークショップ
総学習時間720時間
料金税込 647,800 円
転職支援就職へのメンタリング、個人プロジェクトコンサルティング、質問サポートを卒業後も半年間継続
DIVE INTO CODEの講習内容

【AIジョブカレ】AIに関する仕事を紹介してくれる

AIジョブカレ

「AIジョブカレ」はこんな人におすすめ!

  • お金があまりなくて、初期費用に安さを求める方
  • AI領域に特化して学びたい方
  • AIを用いた事例を体験してみたい方

エッジテクノロジーが主催する「AIジョブカレ」は人工知能技術の専門スクールです。

返金保証付きで、さらに給付金の対象コースになっています。

AIジョブカレの受講生は5,000名を超えており(2021年12月時点)その分生徒からのフィードバックも受けられているので、授業の質は高いでしょう。

ただし受講をするにあたり、プログラミング、SQLの知見が必要であるため完全未経験者は受けられない可能性があります。

無料説明会があるので、未経験者でも受講したいという方はそこで相談することをおすすめします。

対象エンジニア出身者(現在、過去問わずプログラミング経験者、Pythonだと尚良し)
マーケティング出身者(分析経験者、SQLの知見あれば尚良し)
学習期間3ヶ月〜6ヶ月
給付金支給額最大20万円お得
返金制度特定商取引法に基づき返金あり
無料オンライン説明会無料説明会あり
コース機械学習講座 + ディープラーニング講座(最大200,046円キャッシュバック)
機械学習講座 + 統計R講座(最大154,000円キャッシュバック)
授業形態ライブ配信(zoom)にて実施
料金税込 285,780 円(機械学習講座 + ディープラーニング講座)
税込 220,000 円(機械学習講座 + 統計R講座)
AIジョブカレの講習内容

【データサイエンス研究所】データサイエンスを業務に使いたい人向け

データサイエンス研究所

「データサイエンス研究所」はこんな人におすすめ!

  • 業務に合わせた実践的な分析力を習得したい方
  • 分析初心者の方

データサイエンス研究所はその名の通り、データサイエンスに特化したスクールです。

特徴としては、「統計検定2級」の無料取得サポートがついているところです。

一般的に統計検定2級を持っていれば、「数字に強い人」であることが証明できるでしょう。

就職や転職に大いに役立てられるはずです。

公式サイトに事例が載っていますが、実務でもすぐに使えそうな内容ばかりです。

引用:マーケティングデータサイエンティスト養成講座HPより引用
対象・業務に合わせた実践的な分析力を習得したい方
・分析初心者の方も受講可能です。
必要スキル基本的なEXCELの操作経験(高度な数学の知識は不要)
学習期間54時間(4ヶ月)マーケティングデータサイエンティスト
42時間(3ヶ月)マニファクチュアリング・メディカル
給付金支給額最大35万円お得
返金制度特定商取引法に基づき返金あり
無料オンライン説明会なし(要相談)
コースマーケティングデータサイエンティスト養成講座(最大350,000円キャッシュバック)
マニュファクチュアリングデータサイエンティスト養成講座(最大280,000円キャッシュバック)
メディカルデータサイエンティスト養成講座(最大280,000円キャッシュバック)
授業形態動画視聴+質問対応
料金税込 500,000円(マーケティングデータサイエンティスト養成講座)
税込 400,000円(マニュファクチュアリングデータサイエンティスト養成講座)
税込 400,000円(メディカルデータサイエンティスト養成講座)
データサイエンス研究所の講習内容

【スキルアップAI】長期でしっかりとAIを身につけたい方向け

スキルアップAI株式会社

スキルアップAI株式会社の特徴は講座が6ヶ月〜12ヶ月と長期プランの講座であることです。

3ヶ月で終わる他の講座とは違い、期間が長い分だけ手厚く技術を教えてもらうことができます。

スキルアップAIが推している「E資格」とは一般社団法人日本ディープラーニング協会が実施している資格で、ディープラーニングに関する資格であり、今後は就職や年収アップに有利に働く将来有望な資格の一つです。

講義スタイルは動画だけでなく、グループワークなどを通じてより実践的で本当に役に立つ技術が身に付きます。

引用:スキルアップAI公式HP
対象未経験者可
学習期間6ヶ月もしくは12ヶ月
給付金支給額最大56万円お得
返金制度なし
無料オンライン説明会無料説明会あり
コース(70%給付金を受けた場合)0からE資格を目指すディープラーニング講座(最大560,000円キャッシュバック)
E資格を目指す機械学習・ディープラーニング講座(最大231,000円キャッシュバック)
E資格を目指す機械学習&AI-100対応AIソリューション実践講座(最大308,000円キャッシュバック)
基礎から学べる気象データアナリスト実践講座(最大308,000円キャッシュバック)
授業形態動画講座+グループワーク、ハンズオン(ブレンド型学習)
料金税込 880,000円(0からE資格を目指すディープラーニング講座)
税込 330,000円(E資格を目指す機械学習・ディープラーニング講座)
税込 385,000円(E資格を目指す機械学習&AI-100対応AIソリューション実践講座)
税込 440,000円(基礎から学べる気象データアナリスト実践講座)
スキルアップAIの講習内容

【インターネットアカデミー】IoTエンジニアを目指せるのが特徴

インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社

「インターネットアカデミー」はこんな人におすすめ!

  • IoT製品やサービスの開発に携わりたい方
  • 先端IT技術を身につけキャリアアップをしたい方
  • IoTの企画や営業の仕事に携わっている方
  • 収入アップを狙い転職をお考えの方
  • グローバルな視点をもって働きたい方
  • IoTを通じてより良い社会を実現したい方

インターネットビジネスジャパンのインターネットアカデミーはIoTエンジニア育成コースがあるのが特徴です。

今後身の回りのものが全てネットにつながる時代がくると言われていますが、まさにIoTエンジニアは可能性の塊と言える職業です。

第4次産業革命スキル習得講座の中でもIoTについて特化しているのは少なく、珍しい唯一無二のスクールといえます。

もう一つの特徴としてReスキル講座と好きな講座を自分好みに組み合わせることが可能です。

公式サイトに講座の選択と料金のシミュレーションができるページが用意されているので一度使ってみるといいでしょう。

引用:Reスキル講座シミュレーション

インターネットアカデミーは授業方法も3タイプから選べることができて、自分に合わせた学習スタイルを確立させることができます。

現役のプロ講師のライブ授業、マンツーマン授業、オンデマンド授業の3タイプが用意されており、勉強スタイルを選択できるのは他のプログラミングスクールにはない特徴の一つです。

引用:インターネットアカデミー公式サイトより
対象未経験者可
学習期間受講時間82時間
給付金支給額最大56万円お得
返金制度なし
無料オンライン説明会無料説明会あり
コース(70%給付金を受けた場合)IoTエンジニア育成コースA(最大560,000円キャッシュバック)
授業形態「ライブ授業」、「マンツーマン授業」、「オンデマンド授業」の3タイプから選択式
料金税込 834,680円(IoTエンジニア育成コースA)
インターネットアカデミーの講習内容

インターネットアカデミーでは「IoTエンジニア育成コースA」以外にも教育訓練給付制度を支給してもらえるコースの組み合わせがあります。

最大10万円ではありますが、インターネットアカデミーは豊富なコースが用意されているので、IoT以外に自分が学びたいと思えるコースがあれば、しっかりと給付金を受け取ることをおすすめします。

この辺りも無料カウンセリングの際には確認しておきたいポイントの一つです。

以下が給付金最大10万円の対象コースの組み合わせ一覧です。

コース名受講料
(税込)
支給額
(税込)
自己負担金
(税込)
訓練期間
Webデザイナー総合コース¥760,760¥100,000¥660,76012ヶ月
Webデザイナー検定コース作品制作講座¥560,780¥100,000¥460,7807ヶ月
UIデザイナーコース+Illustrator講座¥521,840¥100,000¥421,8407ヶ月
プログラマー入門コースPHP講座¥403,040¥80,608¥322,4326ヶ月
Webデザイナーコース作品制作講座PHP講座¥665,720¥100,000¥565,72010ヶ月
Webデザイナー検定コース作品制作講座
Webマーケティング講座
¥676,280¥100,000¥576,28010ヶ月
Web担当者コース¥605,660¥100,000¥505,6609ヶ月
WebデザイナーコースJavaScript講座¥549,560¥100,000¥449,5608ヶ月
プログラマー入門コース
Photoshop講座Webマーケティング講座
¥474,320¥94,864¥379,4567ヶ月
Webデザイナー検定コース
作品制作講座+JavaScript講座
¥718,520¥100,000¥618,52011ヶ月
プログラマー入門コースPython講座¥403,040¥80,608¥322,4326ヶ月
参考:教育訓練給付制度(https://www.internetacademy.jp/entry/benefit.html)

【データサイエンスアカデミー】株式会社D4cアカデミー

データサイエンスアカデミー

データサイエンスアカデミーの特徴は唯一全国展開しているデータサイエンティスト育成・就職支援スクールということです。

しかし、昨今はコロナの影響でスクールが閉じられており、実店舗を持っているメリットが活かせていない状態が続きそうです。

コロナが明けてからはおすすめできるプログラミングスクールだと言えます。

対象未経験者可
学習期間受講時間82時間
給付金支給額最大52万円お得
返金制度なし
無料オンライン説明会個別相談、セミナーあり
コース(70%給付金を受けた場合)エキスパートコース(最大523,600円キャッシュバック)
授業形態動画学習+対面授業のハイブリッド型
料金税込 748,000円(エキスパートコース)
データサイエンスアカデミーの講習内容

【DMM WEBCAMP】株式会社インフラトップ

転職コースが最大の売りのDMM WEBCAMPですが、こういった売り文句には注意が必要です。

転職率が90%を超えていたりするデータを見せられるかもしれませんが、斡旋される就職先はほとんどがブラック企業である確率が高いです。

講習の内容としてはクラウド技術に関することが学べる点がおすすめのポイントと言えるでしょう。

昨今のウェブサービスはほとんどがクラウド上で動いていると言っても過言ではありません。

あまり就職という言葉に引っ張られず、あくまで技術を学ぶ場であることを念頭に体験授業などを受けることをおすすめします。

対象未経験者可
学習期間4ヶ月+キャリアサポート
給付金支給額最大56万円お得
返金制度なし
無料オンライン説明会個別カウンセリング
コース(70%給付金を受けた場合)転職コース 専門技術講座(最大560,000円キャッシュバック)
授業形態オンライン学習+チーム開発
料金税込 828,000円(転職コース 専門技術講座)
DMM WEBCAMの講習内容

どの企業もオンラインで話を聞くことができます。

ポイントとしては「必ず複数の企業の説明会・体験会に参加すること」です。

一つだけ体験するという消極的な行動は避けましょう。

複数の体験会を受けることで、自分に合っている講座を選ぶことができます。

第4次産業革命スキル習得講座(Reスキル)はプログラミング初心者でも受けられる?

一部の講座では受講要件(一定のスキルや経験のある者)を定めている講座もあるため、初心者では難しい講座もあるので注意しましょう。

ただしこれらの条件については公表義務が法人側に課せられているため、初心者が間違って受講要件を設けているコースを受講してしまうことはないので安心してください。

後述しますが、無料体験や無料カウンセリングをおこなっている企業も多いので必ず受けるようにしましょう。

プログラミング未経験者でも第4次産業革命スキル(リスキル講座)は習得できるのか?

気になるのはプログラミング未経験者でも第4次産業革命スキルの講座を受けて、スキルを習得できるのかどうかだと思います。

さまざまな意見があると思いますが、私は未経験者でも第4次産業革命スキルを習得可能だと考えています

例えば皆さんは車を運転すると思いますが、エンジンの仕組みやギアチェンジの仕組みを知っているでしょうか。

知らなくても車の運転はできますよね。

それと同じように、第4次産業革命スキルに位置付けられている技術を使ってみることに理論的なことは必要ありません。

もちろん最終的には理論を理解する必要も出てくると思いますが、エンジニアでも、たとえばDeepLearningの理論を完璧に説明できる人は少ないと思います。

「まず使ってみる」「動かしてみる」ということに知識は必要ないため、学びながら細かいところは覚えていけば、未経験者でも十分習得していけます。

第四次産業革命スキル習得講座(リスキル講座)の給付金を受け取る条件は?

第四次産業革命スキル習得講座を受けるうえで、支給対象者となるための要件は以下の通りです。

  • 受講開始日時点で雇用保険に加入していて、雇用保険の被保険者が3年以上の場合(給付金制度を初めて利用する場合は2年)
  • 受講開始日時点で雇用保険に加入していなくて、離職日翌日から 1 年以内かつ雇用保険の被保険者が 3 年以上あった場合( 給付金制度をはじめて利用する人は2年 )

雇用保険喪失から 1 年以内に妊娠・出産などの理由で 30 日以上、受講開始できない期間がある場合はハローワークに申請することで特例が認められることがあります。

※受給資格については必ずお住まいの地域を管轄するハローワークにお問い合わせください。

引用:https://www.internetacademy.jp/course/reskill.pdf

わかりづらく書かれていますが簡単にまとめると、「仕事をしている人は3年以上の社会人経験があること」、「仕事をしていない人は離職してから1年以内であること、もしくは過去に3年以上社会人経験があること」が給付金対象者になるための条件・要件です。

新卒の方は対象者ではないのでご注意ください。

失業中の人は追加でさらにお金が戻ってくる「教育訓練給付金」あり

失業をしている方の場合は、上記の給付金の他に「教育訓練支援給付金」を受けることができるので、絶対に受け取るようにしましょう。

教育訓練支援給付金は失業保険のように毎月一定のお金が支払われる支援制度です。

失業中で、失業保険が既に終了している場合に条件付きで受け取ることができます。

第四次産業革命スキル習得講座の給付金と掛け持ちすることができるので、失業中の人はさらに安くプログラミングスクールに通えるため、絶対にハローワークへ相談しましょう。

プログラミングスクールの現実って実際どうなの?

プログラミングスクールと聞くと胡散臭い印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

現実問題プログラミングスクールに通っても挫折してしまい、多額の受講料だけ払って終わってしまったという人もいます。

しかし、第4次産業革命スキル講座(Reスキル)に選ばれている講座は以下の要件を経済産業省から審査されているスクールばかりです。

  • 育成する職業、能力・スキル、訓練の内容を公開していること
  • 必要な実務知識、技術、技能を公表していること
  • 実習、実技、演習又は発表などが含まれる実践的な講座がカリキュラムの半分以上を占めていること
  • 審査、試験等により訓練の成果を評価していること
  • eラーニング等の社会人が受けやすい工夫をしていること(ポイント!)
  • 事後評価の仕組みを構築していること 等

引用:https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/reskillprograms/index.html

要件の中で最も重要なポイントとしては「e-ラーニング等の社会人が受けやすい工夫をしていること」という項目があることです。

仕事をしながらでも学べるだろうか」とお思いの人もいるかと思いますが、こうした審査基準を設けられているのは非常にありがたいですね。

第4次産業革命スキル習得講座(Reスキル)のメリットとデメリット

第4次産業革命スキル習得講座に通う際のメリットとデメリットは以下の通りです。

第4次産業革命スキル習得講座(Reスキル)のメリット

  1. わからないところがあれば質問できる(挫折せずに学習を進めることができる)
  2. 悪徳なプログラミングスクールがいない(安心してスクールを選ぶことができる)
  3. 将来性の高いスキルを得て年収を上げられるチャンスを得られる(最大の魅力
  4. 給付金の利用で受講料が最大70%OFF(今がチャンス!

第4次産業革命スキル習得講座には3つのメリットがあります。

メリット1:わからないところがあれば質問できる

プログラミングスクール最大のメリットはわからないところがあればすぐに質問できることにあります。

プログラミングの学習は支えてくれる人がいるのといないのとでは成果が大きく違ってきます。

メリット2:悪徳なプログラミングスクールがいない

前述の通り、第4次産業革命スキル習得講座には経済産業省が定める要件をクリアしなければなりません。

  • 育成する職業、能力・スキル、訓練の内容を公開していること
  • 必要な実務知識、技術、技能を公表していること
  • 実習、実技、演習又は発表などが含まれる実践的な講座がカリキュラムの半分以上を占めていること
  • 審査、試験等により訓練の成果を評価していること
  • eラーニング等の社会人が受けやすい工夫をしていること
  • 事後評価の仕組みを構築していること 等

引用:https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/reskillprograms/index.html

この要件をクリアしているため、講座を選ぶ側としては「ハズレがない」状態なのが本当にありがたいですね。

メリット3:多くの人が学ぶトレンドの技術を学ぶことができる

第4次産業革命スキル習得講座で学べるものは基本的に「今後需要のある技術」です。

プログラミングの世界は驚くほどに技術の移り変わりが早く、現役のエンジニアでも最新の技術に追いついていけている人はほとんどいません。

第4次産業革命スキル習得講座では重要なスキルを先取りすることができるのです。

  • AIのモデルを構築する技術
  • ブロックチェーンを用いた技術
  • データアナリストとして分析をするスキル

引用:https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/reskillprograms/index.html

だからプログラミングスクールあがりでも、即戦力として使ってもらえるという仕組みになっています。

第4次産業革命スキル習得講座(Reスキル)のデメリット

第4次産業革命スキル習得講座に通うデメリットとしては大きく二つの理由があります。

  • 学費が高い(給付金があるとはいえ)
  • 第4次産業革命スキル習得講座を受ければエンジニアになれるわけではない
  • 給付金を受け取るために

学費が高い

第4次産業革命スキル習得講座の最大のデメリットは「学費が高い」ことです。

第4次産業革命スキル習得講座の相場の目安は大体20万円〜30万円です。

引用:https://www.kikagaku.ai/campaign/
引用:https://www.internetacademy.jp/

注意点としては、ホームページには割引後の金額が表示されていることが多いですが、実際に受講するためには通常料金(上図でいう約80万円)をまず支払う必要があります。

給付金はその後に戻ってくるお金です。

戻ってくるタイミングも約半年後なので、初期費用としては80万円近いお金を用意する必要があります。

引用:https://www.internetacademy.jp/course/reskill.pdf

将来性が高く、スキルを活用すれば年収700万〜1000万円を目指せる分野とはいえ、初期費用としての20万円が出せるかどうかはその人次第です。

生活費を圧迫しない程度の、余剰資金で講座を受けられるようにしておく必要はあります。

第4次産業革命スキル習得講座に通えばエンジニアになれるわけではない

多くの人が勘違いしていることに、「第4次産業革命スキル習得講座を満了してもエンジニアになれるわけではない」という点があげられます。

第4次産業革命スキル習得講座は就職を斡旋してくれたり、副業を紹介してくれるようなものではありません。

講座完了後は自分で転職活動をするなり、就職活動をする必要はあります。

しかし講座によってはキャリアに関しての相談にのってくれるスクールもあります。

第4次産業革命スキル習得講座(Reスキル)を選ぶときのポイント

第4次産業革命スキル習得講座を選ぶときのポイントは「無料体験講座・無料カウンセリングを必ず受ける」ということです。

体験もせずに高い授業料を払うことは絶対にしてはいけません。

プログラミングスクール側も体験してもらうことが大事ということは理解しているので、遠慮せずにどんどん体験申し込みをしてみましょう。

引用:キカガク

まとめ

ここで掲載されているプログラミングスクール、コースは2022年2月時点のものです。

プログラミンスクールのコース名や金額設定はよく変わるので、実際に入校を考える際は必ず無料体験、無料カウンセリングをして、「給付金の対象講座かどうか」「給付金のもらえる条件」などを確認するようにしましょう。

以上です。