【買ってよかった】Fossil(フォッシル)新作スマートウォッチのジェネレーション5をレビュー!

2019年9月8日

Fossilのスマートウォッチ(ジェネレーション5)を購入しました。

人生初のスマートウォッチになります。

周りでもスマートウォッチをつけている人は増えたと思います。

職場でも増えましたし、電車に乗っていてもスマートウォッチをつけている人を見かけることが多くなってきました。

ただデザインがかっこ悪かったり、機能的に欲しい機能がついていなかったり電池の持ちが悪かったりと、あとちょっと何かが足りないというスマートウォッチが多かった印象です。

しかしフォッシルの新作スマートウォッチであるジェネレーション5は僕が理想とするスマートウォッチのすべて詰め込まれていました。

少し割高ではありましたが、迷わずに購入しました。

使用してみて大体2週間経ちましたのでレビューを書いておこうと思います。

もしもスマートウォッチが欲しいけど何が良いのかわからないという人がいたら参考にしてみてください。

よろしくおねがいします。

目次

Fossilとは

フォッシルはファッションアクセサリーを専門とするグローバルライフスタイルブランドです。

そのためスマートウォッチだけではなく、バッグや財布、ジュエリーなど人が身につける小物も取り扱っています。

むしろフォッシルと聞くと財布やカバン、長財布をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

アウトレット品としてブランド名を聞いたことがあるはずでしょう。

Fossilの発音は「フォッシル」。

英語表記だとFossileと間違える人がたまに見受けられます。

ファッション性の高いデザインを得意としており、その特徴がスマートウォッチにも遺憾なく発揮されていると思います。

腕時計でもブランドを確立させていましたが、どちらかというと見た目だけで中身はよろしくないという評価だったようです。

しかしスマートウォッチ事業ではそのブランド力を確固たるものにしているようですね。

フォッシルのスマートウォッチはジェネレーションという言葉で世代を表現されています。

現在(2019年8月時点)では最新のものはジェネレーション5。

今回レビューするのもジェネレーション5です。

先程書いたようにフォッシルのスマートウォッチは特に優れたデザイン性で評価・評判が良いです。

その証拠に知財の一部がgoogleに44億円で買収されたりしています。

Google、Fossilのスマートウォッチ知財を4000万ドルで買収へ

フォッシルのスマートウォッチの特徴。他のスマートウォッチと何が違う?

デザイン性、ファッション性に優れた腕時計

フォッシルの魅了はなんと言ってもデザイン性でしょう。

スマートウォッチのゴツゴツとしたデザインをあまり良く思っていない人も多いのではないでしょうか。

なんだかゴツゴツしてかっこ悪いという印象を僕も持っていました。

あの優れたデザイン性で有名なapple社のapple watchも個人的にはあまり良く思っていません。

四角っぽいところがどうも嫌なのでした。

「スマートウォッチ ブランド」で検索してみるとやはり高価なスマートウォッチのほうがデザイン性に優れていることがわかりました。

中でもフォッシルはブランド品としてはそこそこの値段で購入ができ、パット見てもおしゃれな印象を受けました。

年代を選ばないデザインなので万人受けしやすいものだと思います。

特に時計のデザインは人を判断するときにも見られるポイントでしょう。

フォッシルの時計は30代、40代ではおしゃれに、それでもしっかりしたイメージを受けます。

20代でも周りの目を気にすることなく装着できる主張しすぎないデザインで受けもいいでしょう。

メンズとレディースそれぞれのデザインが用意されている

フォッシルのスマートウォッチ

フォッシルのスマートウォッチを選ぶうえでデザインが欠かせませんが、メンズ・レディースで分かれています。

レディースは縁が色違いになっているほうで、メンズは統一された色調になっています。

機能と大きさに違いはありません。

スマートウォッチの選び方!スマートウォッチの種類は大きく3種類に分けられる!

スマートウォッチと一言で言っても、種類があります。

フォッシルでは大きく3種類の種類があります。

「ハイブリッド」、「ジェネレーション」、「スポーツ」の3つです。

ハイブリッドはいわゆる普通の時計です。

実際に秒針があります。しかし心拍を計測することができます。

ジェネレーションと呼ばれるシリーズは皆さんが想像するようなスマートウォッチです。

表示部分は液晶になっていて、色々な機能を使うことができます。

スポーツは軽めに設計されており、運動をする人用に作らています。

ジェネレーション5は電池の持ちが伸びたことにより旧世代を持っている人も買い替えを考えるレベル

フォッシルのスマートウォッチは電池の持ちに不満がありました。

しかしジェネレーション5になって電池の持ちが向上しています。

新しく電池の持ちを改善する機能を追加。

時計だけ使うという条件であれば、その専用の機能を使えばいいでしょう。

ついにgooglepayに対応!!

フォッシルのジェネレーション5はついにGooglePayに対応しました!

これは嬉しいですね!

やはりスマホを取り出さずにフリーハンドで決済ができるというのは非常にありがたいですね。

というのも実はスマートウォッチで決済ができるものは意外と少ないのです。

日本ではフェリカが普及していたのですが、このフェリカは世界的に見るとまったく普及していません。

そのため日本国内で使えるスマートウォッチがなかなかでてこなかったという状況があります。

しかしジェネレーション5ではGoogle Payに対応しました。

スイカ、ナナコ、エディ、ワオン、クイックペイに対応しています。

iDにも対応しています。

ライフカードや三井住友カードでも利用できるため、かなりの人が利用できる

ベルトの交換が可能 22mmのもの

フォッシルのスマートウォッチはベルトの交換が可能です。

フォッシルの公式サイトでバンドを購入することができます。

相場は4千円から8千円のようです。

大きさは22mmのものであればなんでも使えるようですので、最悪フォッシル以外のバンドも使用することができます。

iphoneも今後は対応していく。

フォッシルのジェネレーション5ですが、基本的にアンドロイド端末のほうが使いやすいです。

しかし公式の声明として、iphoneにも機能拡充がされることが発表されています。

現在スマートウォッチを使って通話できるのはアンドロイドだけです。

しかしiphoneユーザーの方でも通話ができるようになっていくようです。

そのため今iphoneを使っていて、スマートウォッチの全機能を使えなくても、今後対応されていくことでしょう。

Amazonでは買えません。フォッシル公式サイトで購入可能

ちなみにフォッシルのジェネレーション5ですが、アマゾンで購入することはできません。

フォッシル(Fossil)公式サイト

アマゾンでは型落ちとなった旧世代を正規輸入品として購入することができます。

wear os by googleとは

最後にジェネレーション5に搭載されているwear osについて説明します。

wear os by googleとはgoogleが提供しているスマートウォッチ用のOSです。

OSとはオペレーティングシステムの略で、簡単に言うとコンピュータの脳みそのようなものです。

これがgoogle製のもののため、「Googleアシスタント」や「GoogleMap」などのグーグル製アプリケーションの多くを利用できるのが最大の強みです。

特にグーグルマップが使えるスマートウォッチはそれほど数が多くないため、ジェネレーション5は非常に使いやすい端末となっています。

【2週間使用】フォッシル ジェネレーション5をレビュー

購入から約2週間経ち、ジェネレーション5の良いところ、悪いところがわかってきました。

そのあたりをまとめていこうと思います。

ジェネレーション5の悪い(不満な)ところ

いきなりですがジェネレーション5の不満なところを2点書いていきます。

電池の持ちが悪い!バッテリーが改善したとはいえ、1日に1回充電は少しきつい・・。

まずはバッテリーの持ちに不満があります。

現状1日1回の充電をしています。

とはいえ1日つけっぱなしでも問題はありません。

おそらく充電100%から0%になるまで、ちょうど24時間位でしょう。

しかしそれだと二日目の最初のほうで充電は空っぽになるでしょう。

そうならないために、寝ている間は充電する必要があります。

ただそうすると睡眠中の心拍数などは測ることができません。

もし次の日にスマートウォッチを使いたかったら、結局寝るときは外し、充電しておかなくてはいけません。

せめて2日に1回くらいのバッテリーの持ちは欲しかったところでした。

最初のほうは操作が分かりづらい

これも最初のうちですが、スマートウォッチ初心者からするとどうすれば何かできるのか直感的に分かりづらいところがあります。

何度も言いますが最初のほうだけなので、慣れてしまえばどうどいうことはありません。

画面を一つ戻るためにはどうすればいいのかわからなったときはこの先どうなるか心配になったものです。

画面の端から中心に向かってスライドする操作を覚えてからはかなりサクサク動いてくれて、操作については不満ありません。

とはいえスマホとの連携は非常に簡単でした。

wear os by googleをスマホにインストールしてあとはアプリで数回画面に従ってボタンを押しただけで連携できたときは簡単すぎて拍子抜けしてしまったほどです。

ジェネレーション5の良いところ

操作性が良く、飽きがこないシンプルなデザイン

結論から書くと結論から書くとフォッシルのスマートウォッチは全く飽きがきません。

なぜ飽きないかということを考えた時に、やはりデザインが美しいことが考えられます。

重さもまったくストレスになりません。普通の時計と同じくらいです。

あとは操作性がよくて、操作しやすいところでしょうか。

特に時計右にあるボタンをくるくる回すことによって、アプリを操作することが可能です。

このつまみをクルクル回して操作する感覚が非常に心地よく、快適です。

GoogleMapが使える

私が最も気に入っている点はGoogleMapが使える点です。

今までスマホを手に持ち、右往左往していたのが解消され、フリーハンドで目的地に行くことができるようになりました。

これで快適に目的地まで向かうことができます。

何よりも両手が空くということがこれほど嬉しいものだということを実感いたしました。

もしスマートウォッチの購入を考えられている方がいましたら、是非GoogleMapが使える端末を選んでみてほしいと思います。

スマートフォンを見る時間が明らかに減った。スマートフォンを見る時間を減らしたければ、スマートウォッチを持つことで解消されるかも

スマートウォッチを持ってから見るからにスマートフォンを見る時間が減りました。

これもスマートウォッチを持つことのメリットの一つと考えます。

もしもスマートフォンを見る時間を減らしたいと思っている人がいたら迷わずスマートウォッチを持つことをおすすめいたします。

まずSNS系の通知がすべてスマートウォッチで確認するようになりました。

SNSを見ている時間はあっという間です。本当に時間どろぼうだと思います。

SNSを見ているとついつい別の記事やニュース、動画に目がいってしまいますよね。

そういったことがスマートウォッチを持つことでなくなりました。

簡単な返事であればスマートウォッチから返信することができます。

ライン、Slack、メッセンジャー、Twitterと基本的にどのSNSの反応も見ることができるので安心です。

それから音楽プレイヤーをスマートウォッチから操作できるというのも強みです。

今までは曲送りをしたいと思った時、いちいちスマートフォンを手に持ち、ロックを解除して操作していました。

今ではウォッチから曲選び、音量調節もおこなっております。

ジェネレーション5はスマートウォッチ初心者にもおすすめ。すでにスマートウォッチを持っている人にもおすすめできる商品

フォッシル ジェネレーション5

以上が、Fossilジェネレーション5のレビューです。

値段は約5万弱と割高ではありますが、安いスマートウォッチを買い、出来の悪さから返品をしたことがあるので、多少高くても良いものを買ったほうがいいと思います。

スマートウォッチは色々ありますが、GoogleMapが使えて決済もできるスマートウォッチの中では安いほうでしょう。

フォッシルのスマートウォッチ技術はgoogleに買収されたほどでもあるので、もしかしたらGoogleからスマートウォッチがでるかもしれません。

それまで待てないという方はこのフォッシルのスマートウォッチを買ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、すでにスマートウォッチを持っていて、買い替え先を考えている人にもおすすめのできる良いものだと思います。

Amazonでスマートウォッチを買うときは、安すぎるものを避け、サクラの口コミに騙されないようにしてください!!!!
The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告