まだグーグルアナリティクスで消耗してるの?ひと手間で検索ワードもまとめて見れるようになる「Googleデータスタジオ」

技術, SEO対策

Googleアナリティクスの分析です。googleアナリティクスの利用方法についてワンランク上の情報をお届けします。タイトルは某有名な方の引用です。

まだグーグルアナリティクスで消耗してるの?ひと手間で検索ワードもまとめて見れるようになる「Google データスタジオ」

企業の約83%がGoogleアナリティクスを利用しています。

これからは地方の小さな企業であっても、webを使って企業活動をする必要があります。

多くの企業にとって、国内のみならず、世界中でwebを使って集客をしているのは想像に難くないでしょう。

多くのwebサイトにとって、グーグルアナリティクスはどれだけの人にサイトが見られているかを管理し、SEO対策をすることは費用対効果の高い方法です。

しかしECサイトなど、webだけで収益を上げている企業にとっては毎日見ることになる中、アナリティクス自体が使いづらい、見づらいという声がでているのも事実です。

本来やるべきことは、アナリティクスを眺めることではない

Googleアナリティクスといえばもはや必要不可欠なものですが、いつの間にかデータを見ることが目的になっていませんか?

日々の定例業務として確認すべきデータではありますが、会議用の資料を作るにせよ、日別で進捗管理するにせよ、アナリティクスの画面を開いて数値をエクセルに入力して・・・。

そうしているうちに午前がつぶれてしまったりなんていう人もいるのではないでしょうか。パソコンに詳しい人であれば、マクロを組んだり、スプレッドシートでグラフ化したりと効率化できる部分もあるでしょう。

しかし本来やるべきことは集客の方法を考えたり、何かを実行することで。

数値管理は必要ですが、これはもう基本中の基本であり、見たい時にさっと見れるようにして、改善案の一つでも考えたほうがよっぽど人間的であり、有益であることは誰しもがわかっているはずです。

googleアナリティクスとSearch Consoleについて

とにもかくにも使いづらい!

慣れてしまえばどうということはない、ということも言われるかもしれませんが、業務が属人的になりやすいですし、なによりページをいったりきたりというのが煩わしくてしょうがありません。

それをエクセルに入力なり、CSVで吐き出して加工なりするのも同様です。

アナリティクスもサーチコンソールもどちらも使いづらいですね。

ですがgoogleが無償で提供しているgoogleデータスタジオを使えばこの問題は解消されます。

Googleデータスタジオ

実際に作成してみたアナリティクスのデータ解析画面

使ってみた感想

正直使いやすすぎて感動すらしています。

最初のひと手間こそありますが、一度設定すればあとはこれをひと目見るだけで数値が確認できます。

アナリティクス、サーチコンソール、この2つのデータが一つの画面で眺められるのはいいですね。

アナリティクスとかだと、すでに決められた指標が表示されていて、人によっては見る必要ないよ、というものもあります。

Googleデータスタジオは自分が見たいもの、確認しておきたいものだけを好きな形で表示できるのでとても便利です。

よくわからないという人には、イメージとしてオリジナルのアナリティクスのページが作れると思ってもらえればと思います。

データの混合ができるようになり、さらに使いやすさが増しました

データの混合というのは、例えばアナリティクスとサーチコンソールのデータを同時にみることができるということです。

というのも2018年6月まで複数のデータソースをマージすることができませんでした。

それでも別ページを作れば、よかったわけですが、2018年7月にデータの混合ができるようになりました。

これめちゃくちゃ便利です。

具体的にはアナリティクスのデータとサーチコンソールのデータをひと目で見るようになります。

例えば日付でフィルタ(一週間分のデータだけ表示するなど)をかけた際、アナリティクスとサーチコンソールのデータがどちらもフィルタをかけた分の期間のデータになります。

これと同じことをやろうとすると、以前まではアナリティクスとサーチコンソールの日付フィルタ、2つを同じ期間でフィルタ処理する必要があったわけです。

何を言っているかわからないという人もいるかと思いますが、大雑把に「フィルタの処理が簡単になった」と思っていただければと思います。

 

最後に

使い方についてはまた別のエントリにしようかと思っています。

まずはgoogle データスタジオ にアクセスしてみてこのツールを体験してみてはいかがでしょうか。

私はもともとマイクロソフトが作成していたBIツール「PowerBI」を使っていた経験があるので、データの表示やデータソースの部分については見識がありました。

PowerBIの時にも使いやすいと感じていたのですが、Googleデータスタジオの使いやすさはそれ以上だと感じています。

しかも驚くのはこれがまだデモ版ということ。無料であることは変わらないでしょうし、まだまだこれから機能が充実してくるということです。

混合データの作成ができるようになった部分も大きく、混合データができないから使っていないという人もいたようです。

ブログや自社サイトの欠点を見つけるため、もうワンランク上のweb活用を考えている人は是非使ってみてください。

以上です。

ありがとうございます。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告