「私にとっては今なの」【映画】リズと青い鳥感想

リズと青い鳥見てきました。

ユーフォニアムでは脇役だった傘木希美と鎧塚みぞれの物語です。

思春期真っ只中の二人の少女の心情の変化が絵本「リズと青い鳥」の沿って進行していきます。

ネタばれ注意です。

「私にとっては今なの」【映画】リズと青い鳥感想

 

概要

リズと青い鳥

あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。
だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。
北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。
高校三年生、二人の最後のコンクール。
その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。
「なんだかこの曲、わたしたちみたい」
屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。
「親友」のはずの二人。
しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

 

感想

 

嫉妬?尊敬?友情?愛情?複雑な感情描写

 

映画を見終わっての感想は「疲れた・・・」でした。

 

面白かったと言えば面白かったのですが、この映画は「あー面白かった」で終わらせていいような映画ではないと感じました。

 

疲れた原因は何だろうと考えたときに、劇中のキャラクターの感情の起伏が激しかったことが挙げられると思います。

 

とにかくみぞれと希美の感情がどんどん変わっていきます。

 

ついさっきまで仲が良かったと思いきや、放課後ではすでに変わっています。

 

それが嫉妬なのか、愛情なのか、好奇心なのか、尊敬なのか。

 

その要因は様々で、時には他人が原因であったり、自分の思い込みが原因であったり。

 

とても複雑な感情です。

 

この映画をもう一度見たいとは思いますが、すぐに見直したいとは思いません。

 

一度時間をおいて、この映画から受け取った情報を整理してからでないと到底向き合えない、そんな素晴らしい映画に出会えたと思います。

 

細かい仕草や動きでの感情表現が凄かった

 

公開前に絵柄が変わっていることについてエントリしましたが、映画を見終わった後では絵柄が変わって良かったと思っています。

 

テレビアニメのキャラデザでは目が大きすぎて、多くの感情を目で表現できてしまいます。

 

「リズと青い鳥」では目が小さいキャラデザになっており、キャラクターの感情表現をするのに目頼りになっていません。

 

その代わり何で感情表現していたかというと、細かい指の動きや髪の毛の揺らぎで表現していたように思います。

 

例でいうと、みぞれが髪をなぜるシーンだったり、希美が爪をいじるシーンであったり、青い少女がリズの前に姿を現したときの髪の動きでしょうか。

 

ラスト付近のハグのシーンなんか圧巻ですね。

 

特に希美側の腕の位置や動きが凄いと感じました。

 

だんだんみぞれの心臓付近に腕が上がっていくのは、ドキドキものです。

 

こういった少女ものでは顔のアップが多く使われる印象でしたが、「リズと青い鳥」ではあえて顔が映らないカットがとても多いと感じました。

 

特に感情を表しているカットほど顔がうつっていなかったように思います。

 

あぁこれが「女心」か・・・と思った。

 

前述しましたが、この映画の女の子たちはとにかく感情が揺れ動いています。

 

それでいて、あまり感情を顔には出さないのです。

 

その辺がとてもリアルに感じました。

 

現実世界でも何か嫌なことがあったときに露骨に嫌な顔をする人はめったにいません。(特に日本人に多いですね)

 

でもこの映画をみると、細かい仕草で確かに感情表現はしているのだなぁと思いました。

 

ふと視線を外したり、指を触ったり、髪を触ったり。

 

女性はそうした細かい感情表現を普段からおこなっているのですね。

 

男はそういった細かい変化を読み取れる人は少なく、「女心はわからない」という思考におちいってしまうのだなぁと感じました。

 

女性側も「細かい仕草」で感情を伝えた気になってしまい、「男はわかってくれない」という思考になってしまうのかもしれません。

 

その「所作、仕草」の重要性をこの映画は教えてくれたように感じます。

 

もしあすか先輩がいたとしたら

 

感想とは少し外れますが、アニメシリーズで吹奏楽部を仕切っていたあすか先輩がこの映画には出てきません。

 

もしこの映画にあすか先輩がいたらどうなっているか考えてみました。

 

結論としてはここまで情緒的な映画にはならなかったと思います。

 

おそらくあすか先輩がいたら希美とみぞれの演奏について、誰よりも早く違和感に気づき、事前にこの問題を手回しして潰すでしょう。

 

方法はわかりませんが、相談に乗ったり、あの人なら希美にみぞれより才能がないことを突きつけ、物事を解決に向かわせるかもしれません。

 

すでに結論は出ている、そんなことに感情を動かされていては全国で金なんて取れない。

 

ならばさっさと気持ちを切り替えるべき。こんな映画になるのかもしれません。

 

なので「リズと青い鳥」はあすか先輩がいては実現しなかった映画だと思いました。

 

あすか先輩は好きですが、この映画では不要であり、出てこなくてよかったと思います。

 

最後に

 

とにかくすごい映画でした。

 

全体的に少女漫画の雰囲気で、テレビシリーズのように割と熱血部活動みたいなものが好きな人には合わないかもしれません。

 

ですが、必ず何か大切なのことを思い出させてくれる、そんな映画だと思いました。

 

以上です。

 

ありがとうございます。

 

 

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告