漫画バンクが見れないが閉鎖はしていない。復旧はいつ?

アニメ・映画

2021年2月現在の状況

2021年2月13日時点:漫画バンク復活しています。

現在漫画バンクは復旧されておりません。

※漫画バンクに不正なリダイレクト広告が設置されています。表示させた覚えのないページはすぐに閉じてください。操作をしなければウイルスの感染リスクはほとんどありません。

2021年2月現在、漫画バンクというサイトが見られない状態になっているようですが、閉鎖はされていません。

今回は復旧がいつ頃になるのか解説していきます。

アクセスはできるが画像が表示されない、読み込み中のまま

漫画バンクにアクセスはできますが、画像は表示できない状態です。

漫画のページも表示されませんが、ページ全体のレイアウトも崩れた状態です。

ページは読み込みのクルクルマークがずっとついているときもあれば、すぐに壊れた画像のアイコンが表示される状況のようです。

エラーコードは1020。「閉鎖」ではなくメンテナンス中の可能性が高い

漫画バンクのページ画像にアクセスをしてみるとエラーコード1020が返ってきます。

これは運営者側が意図的にページを見られなくしている状態です。

潰されたとか、閉鎖させられたというわけではありませんので、その点は安心していいかと思います。

どちらにしろ、この状態になった場合、何をしても漫画バンクで漫画を読むことはできません。

ツイッター上では漫画バンクを読めるようになる方法などと謳い文句をいいながら金銭を要求してくるような詐欺ツイートが見かけられます。

決してそういった人にお金やAmazonカードは送らないようにしましょう。

漫画バンクが見られなくなるのは、割とよくある

漫画バンクが見られなくなったのは今回が初めてではありません。

ちょいちょい見られなく事がよくあります。

そういった場合は大抵サイトのリニューアルだったり、メンテナンスだったりすることが多いです。

特に運営者側からアナウンスもされないのでSNS上ではその度、話題になっています。

大体、2~3日。長くとも1週間くらいで今まで復旧してきているので、今回も待っていればいずれ見られるようになる可能性は高いといえるでしょう。

「代わりのサイトを教える」というツイートには要注意

漫画バンクが見られなくなるとSNS上にあがってくるのが、「漫画バンクの代わりに漫画が読めるサイトを教えます」という内容のものです。

これ系は100%嘘です。

またはフィッシングサイトを紹介されてウイルス感染させられるなり、個人情報を抜かれたりされます。

決して手を出さないようにしましょう。

追記:リダイレクト広告がサイトに仕組まれるようになった

漫画バンクで漫画を検索すると、リダイレクト広告が表示されるようになりました。

具体的には、漫画ページが別タブで表示されてるうちに、元のタブでアダルトサイトへの広告が表示されるようになっていました。

リダイレクト広告が表示されても、すぐにウイルスに感染するなどはないので安心してください。

まずは慌てず、表示されたページのタブを閉じましょう。

表示された不正ページで何かを操作するっとウイルスに感染する確率が高まります。

絶対に不正なページで何かを操作することはしないでください。

広告