【ネタバレあり】既プレイでもアニメペルソナ5を楽しみな理由

2019年1月3日ゲーム, アニメ・映画, ペルソナ5

おはようございます。

アニメ、「ペルソナ5」のPV第2弾が公開されました。ゲームを楽しんだ方は待ちかねているはずです。そんなペルソナ5が楽しみな理由をさくっと書いていきます。

よろしくお願いいたします。

【ネタバレあり】既プレイでもアニメペルソナ5を楽しみな理由

 

 

プロモーションムービー第2弾が公開されました。ゲームのペルソナ5が濃密で完成度の高い作品だったこともあり、テンション上がりますね。

ゲームをプレイしたから展開やストーリー知ってるんだし、そんな楽しみでもないんじゃない?と思われる方もいるかもしれませんが既プレイだからこそ楽しみな要素ってあると思うんです。

ゲーム以上にキャラクターを知ることができるかもという期待

 

ペルソナ5は完成度が高いです。ですが満点ではありません。

その減点対象の一つに後半の駆け足展開があります。

前半は非常に丁寧にストーリーが展開します。

ペルソナという力の獲得、怪盗団誕生、改心を続けるという決心、増えていく仲間・・・

私としては美術館までがピークでその後は失速感を感じていました。

 

仲間キャラクター全員集合が遅い・・・だからアニメで補完したい

 

というのもこのペルソナ5、仲間キャラクターが出揃うのがかなり遅いんです。

特に奥村春の加入が遅いと感じました。確か11月あたりでパーティーメンバーに加入だったと思います。

これアニメだとしたら1クールでいうところの8話くらいだと思います。

アニメがどうなるのかは見てみないとわかりませんが、前作ペルソナ4が仲間とワイワイするシーンが多かったため、5を見るとどうしても個人個人での付き合いという感じか、パーティーという感じがあまり感じられません。

 

悪役と主人公たち

 

ペルソナ5ですが、キャラクターに関する作りこみは丁寧にされています。

ですが前作のペルソナ4のキャラクターたちとは、どこか立ち位置が違う感じがするのです。

というのも、ペルソナ4は「シャドウ」というストーリー上で乗り越えなければいけない存在がありました。

シャドウはキャラクターたちが「否定したい自分」というものが実体化したものです。

これはゲームとして非常に優秀な存在となりえます。

なぜかというと、「シャドウを倒す」=「キャラ付け」が可能になるからです。

シャドウが話すことはそのキャラクターの内面です。このキャラが何を思い、どんな感情を抱きながら生活しているかがシャドウに話させることでプレイヤーに一発で伝わります。

ではペルソナ5はどうかというと、「ボス=悪人」です。この悪人と登場人物を関連付けるイベントと明確な動機付けをおこなうというはかなり大変だったのではないでしょうか。

かなり上手く描いていたように思いますが、やはり違和感を覚えたプレイヤーも多いようです。

私もその仕掛けとなるイベントこなすことが冗長に感じました。

アニメではゲームで、間延びしてしまった部分をうまく簡略化してテンポよく展開してほしいなぁと思っています。

 

伏線に関する期待

 

ペルソナ5ですが、不思議なことがあります。れはプレイ時間100時間を超えたのに終わったときの感想が「あれ、もう終わったの?」でした。

最初自分自身でも不思議だったのですが、同じように感じている人がいたようでした。

よくよく考えてみると、回収されていない伏線がその原因であると感じています。

 

ゲームで回収されなかった伏線を回収されるのではないか

 

ペルソナ5はよくできたゲームです。だからこそ、未回収の伏線はとてもモヤモヤさせられます。

具体的には真や杏の「ここを知っている気がする」という発言(ループ説?)や「最後の日記」、竜二の「誰かの夢の中なのかもしれない」などなどです。

ペルソナ5は制作中に大きな脚本変更があったことは有名ですが、その名残にしてもちょっと思わせぶりすぎるだろうというような演出がいくつもあります。

 

もういっその事ゲームのシナリオと一緒でなくてもいいくらい

 

もういっそのこと、駆け足でゲームシナリオ部分はやってしまい、追加シナリオを・・・。

P4Gのような感じで裏エンディングまでアニメで放送!その後追加シナリオDLC発売!

とかになるのを夢見ております。

 

「ペルソナ5」と一緒に検索されているキーワード

ちえのわ!を使った関連キーワード検索です。

ペルソナ5関連キーワードマップ

「パスワード」というのは公式サイトでおこなわれているパスワード探しの答えを検索されているようですね。

ほかにも「いつ」や「声優」などが検索されているようです。

ちなみにペルソナ5 the animationは4月7日が最速公開日。

監督は石浜 真史となっています。

最後に

  • もっと動くキャラを見ていたいという期待
  • 本編で回収されなかった伏線回収に期待

以上2点が私がペルソナ5に期待していきたい部分です。

そうはいってもまずペルソナ5がアニメ化されるというだけでとてもうれしく感じております。

ですができればアニメで・・・いい意味で視聴者への裏切り(サプライズ)があったらいいなぁとも考えてしまいますね。

以上です。

ありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告