【2018年版】Rubyに興味を持った初心者に、お勧めできる本を3冊挙げてみます。

本・小説, プログラミング, Ruby

広告

Pythonに興味をもった初心者にお勧めできる本3選を前回エントリしました。

 

ですが日本国内で人気のある言語にRubyが挙げられます。

 

今回はRubyの学習をするのに最適な3冊を選ぼうと思います。

 

 

Rubyに興味を持った初心者に、お勧めできる本を3冊挙げてみます。

 

 

3ステップでしっかり学ぶRuby入門

 

一番わかりやすいRubyの入門書を謳っていますが、そのキャッチコピーに恥じない丁寧なつくりになっていると思います。地味な部分ですがフルカラーというのも入門書を使う側としては嬉しいものです。
途中でつまずいてしまうことはないでしょう。
 

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動解説・デバッグ技法まで

 

「プロを目指す人」と書いてあるのでハードルが高いと思われるかもしれませんが、初心者が読んでも申し分のない丁寧さで書かれています。3ステップでしっかり学ぶRuby入門を読んだあとであれば、「これはこういうことだったのか!」とさらに深い理解を得ることができるでしょう。

 

たった1日で基本が身につく!Ruby on Rails超入門

 

RubyにはRailsというwebサービスを作成するためのフレームワークが用意されています。なんのためにRubyを学習するのかにもよりますが、Webサービスを作成してみたいと考えていてRubyを選択する方は多いでしょう。そんなRailsの学習用の1冊です。Rubyを学習するなら必ずといっていいほどRailsがでてきます。この本は1日と銘打っているようにかなり薄い本ですが、Railsの全容を知るには最高の1冊だと思います。

 

最後に

Rubyの初学者用に向けた3冊です。

Ruby on Rails超入門などの良書(誤字は多い)もありますが、そちらは紹介していません。参考書はバージョンアップに伴い、掲載されている情報が古くなってしまうことが多いので、近年で発売されたものだけで取り上げました。

興味を持ったならぜひ読んでみてください。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。