なんかオシャレ!躍進する「スターバックス」!

話題のモノ, 飲食

成長を続ける企業「スターバックス」。

新規出店も継続的に続いているようです。

近場に新しく店舗が出来たという方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなスターバックスについて紹介するとともに、何が人気の秘訣なのかも考察していきます。よろしくお願いいたします。

スターバックスとは

1971年ワシントン州シアトルにて開業のコーヒーチェーン店。

名前の由来は小説「白鯨」に登場する「スターバック1等航海士」より。

企業のロゴとなる女性はセイレーン(上半身は人間の女性で下半身が鳥の伝説の怪物。)

略して「スタバ」

スターバックスロゴ
左右に伸びるものは鳥の尻尾にあたる

都会に繰り出せば若者が集まる人気のお店

最近は都会とは少し離れた立地にも新規出店しているようで、遠いから一度も利用したことがないという人でも、利用できるようになってきているのではないでしょうか。

利用したことがない人がまず迷うのは何を注文すればいいのかということだと思います。

初見では何と言ってもメニューがわかりにくい。

それを見越してかレジで並んでいると先にメニュー表を渡してくれてくれたりします

それでも何を飲んでいいのかわからなかったら「ソイラテ」をオススメします。(豆乳を使用しておりとても美味しいです。女性にも人気とのこと)

他のコーヒー店と何が違うのか

スターバックスは店の雰囲気作りに強いこだわりがあります。

特徴としてはまず店には必ずテラスがあります

景色がどんなに悪くとも外にテーブルが置かれる環境が作られています。

それから店舗の入り口の壁はガラスになっており店内からは外が見えるようになっていることが多いです。

スタバの方針としては「Third Place(サードプレイス)」を目指しており、「家」、「職場」に続く第3の場になってほしいとのことです。

ちなみにスタバの店員さんで黒いエプロンを付けている方がいればそれは「ブラックエプロン」と呼ばれるコーヒーマイスターらしいです。

 

味や落ち着きではなく、「スターバックス」の雰囲気を楽しむ

前述のようにスターバックスはスターバックスという雰囲気作りに力を入れています。

もちろん商品についても魅力的ですが、スイーツ系のお菓子を充実させたり、フラペチーノなどの甘味系飲料が人気とのことですので「女性客獲得」を目指している印象を受けます。

その成果としてレジに人が列を成している光景を見た人も多いと思います。

が、最近の調査ではスターバックスの「顧客満足度」が下がってきているという結果だそうです。

コーヒー店の利用客の中には勉強や作業を集中できる環境でおこないたいという方も多いです。

顧客が増えればその分回転率を上げなければならず、結果そういった落ち着きたい方の満足度が下がってしまっているようです。

しかしこういった現象を経営者層が考えていないわけもないので、まずはスターバックスというブランド、ないし雰囲気を打ち出すことに集中したいのかもしれません。そのため落ち着いて作業をしたい人は別のコーヒー店を選んでしまっても構わないと考えているかもしれませんが、それについては今後の展開について注目していきたいと思います。

トレンドの推移

グラフが表示されない場合はお手数ですがページの更新をお願いいたします。

スターバックスの人気度推移です。

高い推移を常に保っているのが凄いと思います。ピークは2015年年末年始。新宿に白いスターバックスが出来るということで人気度を集めたと思われます。

「スターバックス」、「ドトール」、「タリーズ」のコーヒーチェーン店3店舗を比較してみました。

スターバックスに迫る勢いでドトールとタリーズが奮闘しているのがわかります。

顧客満足度でドトールがスタバを抜いたと伝えられましたが、注目度ではまだまだスターバックス強しといったところでしょうか。

コーヒーチェーン業界の三つ巴になるのか、はたまた第4勢力が出てくるのか要注目ですね。

ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告