Apple発表会にはガッカリ。iphoneSEの後継機はなし【2018】

広告

Appleの発表会にはガッカリ。iphoneSEの後継機はなし

 

2018年Apple発表会の模様

9月12日、毎年恒例のapple新商品のプレゼンがおこなわれました。故スティーブ・ジョブズ氏のカリスマ性により、大きくなったプレゼン会。

毎年魅力的な商品を我々に届けてくれる場となっています。ですが、今回の発表会はガッカリでした。

なぜならiphoneはXシリーズの後継機を主体として、SEの後継機の発売をやめてしまいました。正直これにはガッカリきています。

確かにXシリーズの最新機、「Xs(テンエス)」や「XR(テンアール)」では、多くの魅力的な要素が語られました。

ですが、SEシリーズを愛用している、私のような者にはサイズが大きすぎるのです。アップルの公式サイトでは「ようこそ、ビッグスクリーンへ」と、大きなサイズということを大々的に宣伝しています。

スマートフォンは年々サイズを大きくしています。これについては何も反論ありません。より見やすくなるのはとても良いことだと思います。ですがサイズを変えることが進化と言えるのかは疑問が残ります。

アップルのプレゼンでは毎年進化を感じられました。誰も思いつかないような提案や美しい商品に観客は拍手を送ります。

ですが今回の発表にそういったものは感じられませんでした。なぜなら画面を大きく作ろうと思えば、10年前の技術でも同じ大きさスマホが作れたはずだからです。それでもあのサイズに設定されているのは、必ず理由があります。

それから、商品の大きさはブランドにはなりません。どこの企業でも大きい画面のスマホを作ってきています。だからappleも大きいサイズのスマホも出して、それを主力商品とする、というのはあまりにも安直に感じるのです。その安直さを今回の発表では感じました。

気持ちダサいなと感じてしまうapple公式ホームページの文面

ジョブスはもう過去の人だが・・・手のひらの大きさは変わっていない

スティーブ・ジョブズが亡くなってから時間も経ちました。いつまでも過去の人が言ったことを守っていては前に進めないというのはわかります。

ですが、変わらないものもあるはずです。少なくともジョブスが亡くなってから人間の手のひらの大きさは変わっていません。SEはそういった、「手」というデバイスに向けて作られた、最適な大きさであると私は思ってしまっています。

ジョブスが人間として歪んでいたとか、周りから嫌われているような存在であることはもちろん知っています。そういった信者的な目線ではなく、単純にSEを使ってみての感想です。

SEを今後使うことができなくなると発表会でわかり、少し残念な気持ちになりました。
しかしこれも時代の流れと考えて、これからも続いていく発表会を楽しむとともに、新製品を手にとってみたいと思います。

以上です。
読んでいただき、ありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。