同棲を始めるカップルや結婚をしたカップルにオススメアプリ10選!お金の管理やスケジュールを共有しよう

レビューアプリ

同棲を始める人や結婚した人にオススメしたいアプリ紹介

最近同棲を始めるor始めたカップル向けに、実際使ってよかったアプリを紹介しようと思います。

最近ニュースなどで、「晩婚化」というワードを耳にするようになりました。

結婚をしない若者が増えているようですね。

晩婚化の傾向はデータを見れば明らかですし、周りを見ても結婚しない友達は多くいます。

かくいう私はというと、最近同棲をはじめました。

始めての経験ですが、色々なことが起こり、勉強になるなぁと感じながら生活しています。

円満な生活というものは、どういったものかを考えたことがありました。結論から言うと、「コミュニケーション」が重要だと思います。

そんなことは知ってるわ!という方も多くいるとは思いますが、毎日顔を合わすようになると、「言わなくてもわかるでしょorわかってよ」みたいな雰囲気になることがあります。

言葉で伝えなくても思いが伝わるのは良いことだと思いますが、多くの場合、気持ちは伝わっていません。

伝わったな、と思っているのは勘違いの場合が多いです。そうやってすれ違いや、よく言う意見の不一致が起こるのだろうなと思っています。

じゃあ言わなくても伝わってほしいことは科学の力で伝えましょう。これをおこなうだけで、口数が減っても心が離れるような感覚はなくなると思います。

よろしくお願いいたします。

お互いの予定を確認できるスケジュールアプリ

「今日晩ご飯どうするの?予定が入っていて食べてくるなら先に行って欲しい・・・。」

「朝起きたら彼女が家にいない・・・何か予定があるって言ってたっけ・・・。」

という些細なすれ違いを経験したことは誰しもあると思います。

(そうした小さなすれ違いが喧嘩に繋がったりするんですよね)

お互いの予定がアプリで一目でわかれば、小さなすれ違いせずにすみますね!

私自身は同棲する時からカレンダーアプリを二人で使っているため、そんな予定入ってたの!?という経験はありません!

同棲をする上で、共有で使えるカレンダーアプリは絶対入れておいた方がいいと思います!

直感的に予定がわかりやすい「Googleカレンダー」

「予定のわかりやすさ」という点でまずおすすめしたいのが「Googleカレンダー」です。

特徴として、1週間分の時間帯ごとの予定が一目でわかるというのがとても使いやすいです。

実際にパートナーのスケジュールが入ってくると以下のように色が分けられるので、パッと見ただけで相手のスケジュールを把握することができます。

Googleカレンダーはとても使いやすいですが、共有するまでにいくつかの設定をする必要があります。

スマホのアプリだけでは共有設定をすることができません。

パソコンの画面から設定をしなければならないのでご注意ください。

もしも設定する場合は、パソコンでGoogleカレンダーにアクセスをして、設定画面から共有したい相手のメールアドレスを登録すれば大丈夫です。

とにかく見やすくて使いやすい「タイムツリー」

カレンダー共有アプリ、「タイムツリー」です。

同棲をしていなくてもオススメできるアプリですね。最近では、テレビコマーシャルも放映されているカップルアプリとしては代表的なアプリだと思います。

付き合いも長くなってくると「明日は記念日だね!」「(なんのことだっけ・・・)」とか、「今日は遅くなるって言ったじゃん」「聞いてない!」といったやりとりをしたことがあるのではないでしょうか。

タイムツリーはカレンダー共有アプリなので、二人分のスケジュールを同時に表示させることができます。

基本的に入力漏れさえ無ければ、パートナーが今何をしているのか確認することができて、安心できます。

スケジュールをアプリに入力するというのは基本的に、面倒な作業になりがちなのですが、タイムツリーはUIがわかりやすく、色合いも派手派手しくないので、ストレスなく続けることができています。

画像やコメントを残すこともできるので、予定についてのメモや、簡単な思い出をやり取りすることもできるでしょう。

彼女や彼氏と同棲するんだけど、お互いの予定を共有したいという方には超オススメです。

※最近、APIに対応したようですので、今後外部サービスとの連携が可能になるようです。

例えばアレクサからタイムツリーに予定の登録ができるようになるかもしれません。

積極的にアップデートがかかっているというのもアプリを選ぶ上で重要な要素の一つです。

アプリの設定も細かく行えます。

Googleスプレッドシート

googleスプレッドシートはブラウザを介してクラウド上で動くエクセル(のようなもの)です。

例えば旅行の計画をパートナーとたてる場合を想像してみてください。

紙に書いて計画をたてる人もいるかもしれませんが、情報収集はネットでおこなうと思うので、できればコピペして作成したほうが効率がいいでしょう。

通常のエクセルで作成したのもだと、メールなどで送り合わなければお互い別々の端末で見ることはできません。

一度作成しても計画の見直しが発生した場合は再度送り直す手間が発生します。

googleスプレッドシートを使えば、オンライン上でエクセルファイルを管理できるようになります。

なのでスプレッドシートで旅行計画を作成すれば、旅行計画をお互いがリアルタイムで編集できるようになります。

計画変更などあった時も、迅速に共有ができるようになりますね。使用する条件も、お互いがgoogleアカウントを持っているというものになります。

お手軽に使えますし、オススメです。

zaim

初めて同棲をされる方は家計のお財布をどう管理するか考えると思います。

おそらく多くの人が口座を一つ新しく開設して、そこに二人でお金を入れ合うということを考えるのではないでしょうか。

そうなると一つ問題があります。いつまでに、どれだけのお金が入っていなければならないのかを把握しておかなくてはいけないということです。

そこで使えるのがzaimです。

zaimはよくある家計簿アプリですが、web版とデータを共有できたり、レシートをカメラで撮るだけで金額を入力できたり、家賃などの毎月引き落とされる繰り返し入力に対応したりと、かゆいところに手が届くアプリです。

有料になりますが、口座からの引き落としのデータを自動で取得する機能も持っていたりします。

カップルで家計簿をつけるのであればこのアプリが一番オススメです。

何日続けられたかも見ることができますし、簡単な分析なら無料版でも十分も使えます。

Wallet +(ウォレットプラス)

こちらのWallet +(ウォレットプラス)は最近入れた家計簿アプリです。

ウォレットプラスはカップルで共有して使うアプリではないのですが、例えばカップルで共有の口座を開設している場合はとても便利な家計簿アプリです。

家計簿といっても、上記でご紹介したZaimのようにスーパーなどで現金でお買い物をした場合は、ウォレットプラスに反映されませんが、クレジットカードなど口座に引き落としされるものや給与など口座に入金されるものは、ウォレットプラスで確認することができます。

このアプリの便利なところは、1ヶ月の収支が一目でわかるということです。

また、カップルで車を買いたい!家を買いたい!旅行に行きたい!という目標を作って貯金ができる機能「目的貯金」があります。

https://www.ibank.co.jp/manual/purpose/

ただし、まだまだ対応できる銀行が限られているようですので、一度ウォレットプラスの公式サイトで確認してからアプリをダウンロードしてみてください。

slack

カップルで、相手との連絡にLINEを使っている人が大半だと思いますが、あえてオススメしたいのがSlackです。正直やり取りはLINEが一番お手軽だと思っています。

私がなぜLINEでやり取りをしたくないかというと、お恥ずかしいことに以前送り間違いが発生したことがあるからです。

皆さんは彼氏彼女に送るメッセージの文面ってどんなものでしょうか。

ちょっと甘えた感じの文面になったりしませんか。私は一度会社関係の人にそんな感じのラインを送ってしまったことがあります。

それ以来ライン恐怖症となりました。なのでLINEではない別のツールでやり取りをおこないたいと考え、Slackを採用しています。

彼女とのやり取りは全てSlackです。操作やUIの面ではLINEのほうが勝っていると思いますが、Slackの場合話題ごとにチャンネルを変えたり、それからbotに投稿させたりできるので、色々重宝しております。

きっかけこそ不純なものだったかもしれませんが、その機能の多さから、一度使ってみても面白いと思います

もともとがチャットアプリなので、最初とっつきにくいかもしれません。

デリッシュキッチン

デリッシュキッチンはお料理アプリです。

クックパッドなど、有名所なアプリはありますが、デリッシュキッチンは動画がかなりしっかり作られているので、とてもわかりやすいというメリットがあります。

また機能の一つとして、買い物リストの作成機能があります。

レシピを選ぶと、買い物リストに追加するというボタンがあります。

それを押すことで、買い物リストをとても簡単に作成することができるのです!

男性と女性だと、女性が料理することが多くなるとは思いますが、とにかく動画が見やすく、わかりやすいので、男性がキッチンに立つ時にも重宝するかも・・・。

いびきラボ

同棲をしてみて一つ発見がありました。

私はどうやらいびきをかいているようです。それも隣で寝にくく感じてしまうレベルのものだそうでした。

正直ショックでしたが、はっきりそういったことを伝えてもらった、彼女には感謝しています。

せっかく見つけてもらった欠点ですので、克服したいと思いましたが、まずは自分がどういういびきをかいているのかを把握しなければなりません。

そこで、いびきラボというアプリを見つけました。

これは夜中、充電ケーブルをつないで、アプリをたちあげたままにすることで、録音をしてくれるものになります。

結果の画面がとても見やすく、どの時間帯にどういういびきをかいているか知ることができます。

いびきは良質な眠りを妨げる原因にもなります。

気持ちのいい朝を迎えるためにも、いびき対策はしておきたいですね。

Googleフォト

Googleフォトは写真データを保存するGoogleのサービスです。

カップルでデートなどに行った時、たくさんの写真を撮ると思います。

すると、スマホの写真フォルダはいっぱいになり、容量が足りなくて写真が保存できなくなったり写真が撮れなくなってしまったという経験はありませんか?

そういった時に、私たちはGoogleフォトを使ってフォルダに溜まった写真を移動させてしまいます。

朝と夜の写真を共有のフォルダに保存しています。可愛い…♡

このアプリの良い点はGoogleフォトに保存した写真データを共有して、お互いのアプリから同じ写真データを閲覧できることです。

悪い点としては、Googleフォトやスプレッドシートを保存するGoogleドライブが、2021年6月1日以降15GB以上のデータ保存は有料となってしまったことです。仮に上記で紹介したスプレッドシートを利用していなかった場合、どのくらいの枚数の写真が保存できるか調べてみたところ、約7,500枚保存できるようです。(1枚当たり2MBとして換算)私としては割とたくさんの写真が保存できる印象です。

ノハナ(nohana)

ノハナ公式HPより

ノハナは毎月1冊だけ無料でフォトブックが作成できるアプリです。

スマホに溜まった写真データをノハナに取り込むだけでフォトブックができます。

毎月1冊まで無料の通常フォトブックのサービス(送料275円のみ発生)があります。

カップルとの1ヶ月の思い出を写真でまとめて、彼氏さん彼女さんへのプレゼントにとっても良いのではと思います。

最後に

この中で最も活用しているのはタイムツリーだと思います。

予定の色を分けることができるので、緑:自分の予定、ピンク:彼女の予定、紫:仕事の予定みたいな感じで分けています。

会社で飲み会や出張がある場合などはタイムツリーにすぐ登録する癖がつきました。

同棲や結婚の意味について考える人が最近は多くいるようですが、私は同棲を始めてみて多くのことを学べてよかったと思っています。家に帰って一人じゃないということはとてもありがたく、かけがえのないものだとわかりました。

今は大体の問題についてアプリで解決できるような環境になっています。今後も探していくので、いくらか使ってみたらまたご紹介いたします。

ありがとうございました。

広告

レビューアプリ

Posted by sensiki