【SWBF2β】前作プレイ済み バトルフロント2βをプレイした感想など

2017年11月18日ゲーム, スターウォーズ

 

スターウォーズバトルフロント2のβ版に一般参加でプレイしました。

今のところ楽しくプレイできています。

 

前作バトルフロントの評価は調べるとバラバラでしたが自分はとても楽しくツラツラと続けてプレイし続けてきたので2の発売はとても楽しみにしています。

 

今回体験版として発売前にプレイできましたのでその感想を書いておこうと思います。

 

よろしくお願いいたします。

バトルフロント2体験版(β)のプレイ感想

 

体験版と思えないほどのボリューム感

プレイの感想とは違いますが、体験版のダウンロード時間がとにかく長かったです。待ち時間は約5時間ほどだったと思います。

 

その分体験版とは思えないほどのボリュームでした。

 

20対20に分かれての攻防戦「ギャラクティック・アサルト」、戦闘機に乗り込み12対12での宇宙戦「スターファイター・アサルト」、8対8の小規模戦闘戦「ストライク」

 

それからCPUとの戦闘が楽しめる「アーケード」を遊びました

 

ボリュームが多いと思うのが、まずルールや画面のアイコンや武器の特性などを覚えるのかが大変ですね。

 

ですがどのモードもスターウォーズファンであれば盛り上がっちゃう内容でした。各モードの所感や簡単なルールはこれから書いていこうと思います。

ギャラクティック・アサルトの感想

所感

  • 困ったら「ヘビー」選んどけばいいかもしれない
  • ヒーローになりたかったこのモードはおススメできないかも
  • ナブーの街並みが凄く綺麗

 

惑星ナブーでドロイドを操作する「分離主義勢力」とトルーパーを操作する「共和国」側にわかれて戦う大規模戦闘モードです。

 

戦闘の流れとしては2フェーズに分かれていて、前半は大型戦車を一定の場所まで護送する側と破壊する側にわかれての戦闘。

 

後半では決められたエリアを奪い合う陣取り戦闘です。

 

ゲームバランスですがやってみた感想としては、「共和国側が有利なんじゃないかなぁ」と思います。

 

ただまだルールが周知されていない状況ですのでどちらが有利とかはまだまだ言える感じじゃないですね。

 

あくまで体験版での自分の勝率の参考です。

 

理由としては「前半のフェーズで試合が決まってしまう」ことが結構あります。

 

前半フェーズで武器をちゃんと拾ってそれをいい位置から打ち込む人が決まっていると防ぐ側が完璧に防衛するのは難しい印象です。

 

街並みの演出がいい

ゲームバランスとは別ですがナブーの街並みがとても綺麗で臨場感がある演出がされています。

 

戦闘が開始されるときに逃げ惑う人々がいますし、捕虜になったトルーパーを連行するドロイドなど、ちょっとした演出がグッときます。

 

飛び立つ鳩や風に舞う木の葉もあって臨場感たっぷりです。

 

ヒーローになるのが結構大変

 

今回は戦果に応じたポイントを使って色々なキャラクターを使うことができます。

 

最大の5000ポイントを使うとヒーローを使えるようになりますが、上手な人じゃないとヒーローになるのは難しいですね。

 

20体20の計40人がいるわけですが、1回の戦闘でヒーローになれるのは上位8名くらいでしょうか。

 

先ほども書きましたが前半フェーズで試合が終わってしまうこともあるのでそうなるとヒーローが一度も出てこないうちに終わることもありました。

 

体験版ではないですがヒーローを沢山扱いたかったら製品版の「ヒーローvsヴィラン」に期待したいところです。

スターファイター・アサルトの感想

所感

  • 前作と操作感全然違った。
  • デストロイヤーや艦隊の間を縫って飛ぶのが楽しい
  • 後ろが見れる視点を使ったドックファイトが面白い

 

反乱同盟軍と銀河帝国軍の戦闘を体験するモードです。

 

スターデストロイヤーの破壊と防衛でわかれます。

 

前作でも空中戦はありましたが宇宙戦を体験できるのが追加DLCの「デススター攻略戦」くらいでしたので、スターウォーズファンからすると嬉しいですね。

 

後ろが見れるカメラの臨場感が凄い

操作中に十字キー横を押すと後ろを見ることが出来るようになりました。

 

敵機に追われていながらバックカメラでのドックファイト繰り広げると本当に宇宙で飛んでいるみたいでとても楽しいです。

 

また前作だと後ろから狙われると敵の位置を把握することがとても難しく振りほどくのも一苦労でした。

 

今作ではバックカメラで敵の位置がすぐにわかりますし、狭い通路が多く用意されているので割と振りほどきやすくなったかなという印象です。

 

操作性が前作と比較してかなり変わった

どこがどう変わったというのが難しいですが、前作の感覚で操作するときりもみ回転をおこして落ちそうになることがあります。

 

具体的な変更点は他の方の考察に期待するとして、おそらく宇宙戦を考慮してあまり地面を考慮しない操作性になっているような気がします。

 

登場するヒーローのチョイスが謎

主役不在は問題だろう

スターウォーズはただの戦争映画ではなく、アナキン・スカイウォーカーの一生を描いた映画です。

 

前作はエピソード4~6に注目したゲームということでチョイスできるキャラが少なくマイナーキャラが選ばれたりしていたのはわかったのですが・・・

 

今作はエピソード1~6に注目されたゲームです。

 

なのに「アナキンとオビワン」が登場しないのは・・・どうなんでしょうか。

 

それから「クワイ=ガン・ジン」、「ドゥークー伯爵」「メイス・ウィンドゥ」「グリーヴァス将軍」

 

これらのキャラは登場しないようです。(追加DLCでくるかもしれませんが・・・)

 

所謂新3部作を異常に嫌う方たちがいるようですが、むしろ今ゲームをやっている世代は新3部作世代なような気がしますし、本編でセリフもあまりないようなキャラが登場して主役キャラがでないのはちょっとショックですね。

 

選ばれし者 スターウォーズシリーズの主人公 アナキン=スカイウォーカー

感想まとめ

  • 前作で不満が出てたようなところは修正されている
  • 宇宙戦や街並みの作りこみが凄く、見ていて飽きない
  • 登場しているヒーローキャラのチョイスが謎

 

「ストライク」や「アーケード」についての感想はアサルトの部分と被るところもあるので割愛しますがどのモードもスターウォーズ愛に溢れたゲームだと思います。

 

不満があるといえばヒーローのチョイスくらいですね。

 

ゲームバランスとか演出とかは非常に満足です。

 

体験版ということで今後も修正が入るかもしれませんが、早く全モードが遊べる製品版を買いたいですね。

 

以上です。

読んでいただきありがとうございます。

 

追記

 

製品版買いました。

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。

広告