人気のプログラム言語Rubyの「Ruby on Rails 5 超入門」が神参考書だった

プログラミング,webサービス開発記,Ruby

Webサービスを作ってみたいと考える人は多くいるでしょう。

今回はそんな方向けのエントリです。Pythonを勉強していたのですが、どうしても日本語の資料が少なくて挫折しそうな私ですが、とても親切な神参考書を発見しましたので紹介いたします。

人気のプログラム言語Rubyの「Ruby on Rails 5 超入門」が神参考書だった

Rubyとは

プログラミング言語のひとつ。

開発者は日本人、まつもと ゆきひろ氏

日本で生まれたプログラミング言語。

可読性をが重視された純粋なオブジェクト指向言語。

Ruby on Railsというwebアプリケーションフレームワークが有名で、手っ取り早くwebサイトを作ってみたい方にお勧め。

「Ruby on Rails 5 超入門」

簡単に言うと神参考書だと思いました。プログラミング言語を勉強したことがある人向けではありますが、仮にプログラムをまったくいじったことがないという人もサンプルに沿って進めば、webサービスを簡単に作成することができる内容となっております。

素晴らしいと思ったのは徹底的に画面の状況が添付されている点です。プログラミング言語の参考書ではソースコードがずらっと並んでいて文字ばかりなものが多く内容が濃いですが、こちらは画像が多く使われているのですが内容が濃いというものになっています。

全ページフルカラーでわかりやすさで言えば断トツだと思いました。Rubyを触ってみたい、webサービスを作ってみたいけどよくわからないという方は読んでみることをオススメします。

[adsense]

終わりに

Python+Djangoで勉強を進めていましたが・・・

[blogcard url="https://trend-tracer.com/post-978/"]

エントリもしていましたがPythonとDjangoを使ってwebサービスを作ってみたいと考えていましたが途中で断念しておりました。

というのも日本語の参考サイトが増えてきたとはいえ少ないということもあり進行させるのが難しかったです。今回Rubyのほうでも進めてみようと思いましたが、日本発祥のプログラム言語ということもあり、日本語の参考サイトの多さに驚きました。Pythonを諦めたわけではありませんが、当分はRubyで学習を進めていこうと思います。

以上です。

ありがとうございました。

 

追記 Rubyでwebサービスを作り始めました

 

記述の通り、Pythonはいったん諦め、Rubyでwebサービスを作り始めました。

 

そちらも備忘録としてエントリしました。

 

 

 

[adsense]

 

広告