【SWBF2】アナキンとオビワンが参戦決定!!しかし対応が遅すぎる気も・・・。

2018年11月13日ゲーム, エンタメ

広告

仕事が忙しくて、情報をおえていなかったのですが、E3 2018にて、スターウォーズバトルフロント2にアナキン・オビワン・グリーヴァス将軍・ドゥークー伯爵の参戦が発表されました。正直に言うと嬉しいのですが、もう遅すぎるんじゃないの?という感想です。

【SWBF2】アナキンとオビワンが参戦決定!!しかし対応が遅すぎる気も・・・。

 

ついにアナキン、オビワンが使えるようになる・・らしい

今回E3 2018にてEAがスターウォーズバトルフロント2についての発表をおこないました。内容はというと、「アナキン・オビワン・グリーヴァス将軍・ドゥークー伯爵」が使えるようになるということだそうです。

シーズン名は「クローン・ウォーズ」ということは・・・。

出てくるキャラのビジュアルも、このポスターのようなビジュアルになるかもしれませんね。もちろんこんなにアニメアニメな、感じではないとは思います。EAのツイートのグリーヴァスはかなり、アニメという感じではなく、エピソード3の見た目そのものでしたから。クローン・ウォーズといえば、エピソード2と3をつなぐ、CGアニメです。といってもこれ、打ち切りになっています。

打ち切りといっても、元々一話完結だったり、数話完結の形式だったので、劇的なエンディングがあるべきものかと言われると、そうではないです。個人的な感想ですが、ぽっと出のキャラクターが活躍したり、過去の演出をオマージュしたものが多かったりと、あまり好きではありません。話の構成もテンプレ気味で、アナキンがイライラして帝国のテーマが流れてという流れです。エピソード3で闇に堕ちるアナキンへの、思わせぶりな演出をしとけばいいんでしょ。みたいな思いが伝わってきてしまって、楽しめませんでした。

参戦は嬉しいが、遅すぎる気も・・・。

アナキン、オビワン、グリーヴァス、ドゥークー伯爵といえば、エピソード1~3の主要キャラクターです。未だに根強い人気のあるキャラクターで、今回の参戦も嬉しいのですが、バトルフロント2が発売したのが2017年11月。かれこれ半年以上もたっての参戦です。それまでにもバトルフロント2はひと悶着ありました。過度な課金への誘導、ヒーローの人選。ゲームバランスの崩壊。本数としては売れたようですが、現在のアクティブユーザーがどれだけ残っているのでしょうか。実際バトルフロント2をプレイしている身としては、このアップデートでどれだけの人が戻ってくるのか疑問が残ります。

それでも、アナキンやグリーヴァスを操作できるのは嬉しい

バトルフロント2をキャラゲーとするか、シューティングをメインとするFPSゲーメインとするかによると思いますが、ヒーローがかなり弱く調整されていますね。前作バトルフロントはとてもヒーローが強く、ヒーロー無双となることも多かったです。それを受けてのことかどうかわかりませんが、今作はヒーローがすぐに死にます。せっかくのヒーローなので、もっと強くてもいいのではないかと、個人的には思うのですが、それでも今回参戦が決定した3人を操作できることは嬉しく思います。

具体的なアップデートの日程はまだ発表されていませんが、首を長くして待とうと思います。

以上です。

読んでいただき、ありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
sensiki

sensiki

名前:sensiki 職業:サラリーマン。いわゆる理系男子で大学からプログラミングを学び仕事でも活用中。好きな言語はPython。流行に疎いこともあり最近の話題を独自の視点でまとめていこうと思いブログ開始。スクレイピングや統計を用いたエントリを書きたいと思いまながらツールを作成中。